インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4777号】最後に笑う

2013年7月20日

女子聖学院の卒業礼拝の説教の依頼を受けた。どのような説教にするかということを考えた。
そして、腹話術の縫いぐるみの「モンちゃん」を連れて行くことにした。テナガザルだ。手を首に巻き、足を腰に巻いて、頭は背広の中に入れて礼拝堂へ。礼拝堂に入ると、生徒たちがちょっとざわついたがすぐに静かになった。
厳粛な卒業礼拝式が進む。そしてサプライズ、説教者が紹介されて講壇の横に立ってサルのモンちゃんを登場させると「ワー、カワイ」との生徒の声と笑い。サルを見せただけで可愛いと言って笑ってくれた。
礼拝後「卒業礼拝でこれほど笑ったことはない」と先生たちが感想を述べてくださった。「厳粛な卒業礼拝を壊された」との批判ではなかったのでホッとした。礼拝で最後に大笑いしてほしかった。卒業生たちの中には最後の礼拝になる人もいるかも知れない。だから笑う礼拝をと考えた。
中高の一貫校だ。素晴らしい学校だ。生徒たちの中には6年間で挫折を味わい、自分の弱さ脆さに苦しんだ生徒もいたかも知れない。しかし、最後には大笑いできた。しかも礼拝で笑うことができた。礼拝でこそ本当に笑うことができることを知って欲しかった。
卒業して大学に進学し、社会に出て、自分が駄目になる経験をするかも知れない。しかし、教会の礼拝につながっている人生は最後には笑えるということを知ってほしかった。
(教団総会議長 石橋秀雄)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan