A Message From General Secretary A Self-introduction

Upon appointment at the 2012 Kyodan General Assembly, I was installed as the general secretary and began working at the office. However, my position as senior pastor of Tokyo Yamate Church will continue until Easter Sunday of 2013, so I have the dual responsibilities of local church pastor and Kyodan general secretary. I am experiencing the busiest season of my life due to this situation. I am either at the Kyodan office or at the church. As for my private life, whenever I am through for the day at either job, I just return home to take a bath, eat a meal, and go straight to bed.

 

Let me tell you about Tokyo Yamate Church. Tokyo Yamate Church stands in the midst of what is called “youth town,” where it is said that 400,000 people walk by everyday. The church facility can accommodate about 800 people, but in 2010 we crammed in 900 participants at the celebration of the 150th anniversary of Protestant Christian mission in Japan.

 

As I look back over my 18 years of pastoral experience here, I must speak about mission–the spreading of the gospel in this country. It is not an exaggeration to say that every minute it is possible to count at least 20 people in front of our church, walking along the street famous as the site of the Japan Broadcasting Corporation (Nihon Hoso Kyokai [NHK]) studios, so it is a very lively place. However, these are just people passing by, and almost no one comes into the church.

The church is open for Bible-reading gatherings three times on weekdays. We post posters for the gatherings and even stand on the street to invite people in, but as this has nothing to do with their purpose for being there—to shop or to attend an NHK event or a sporting event at nearby Yoyogi Olympic Center—we stand there in vain.

 

This may sound like mere complaining, but it is reality. It is even worse when the Christmas sales begin. From the end of October, huge evergreen trees are brought in from somewhere and Christmas music played that is much more beautiful and attractive than we, as a church, can perform.

 

Originally, the privilege of celebrating Christmas belonged to the Christian churches, so it is disturbing to see the proud faces of those people who usurp the beauty of Christmas for their own business ends. I, on the other hand, as a pastor, have been preoccupied with such thoughts as: “Will that high school student receive baptism this year?” and “Can the people who are elderly and have to travel for one-and-a half to two hours by train and bus make it to church on Christmas Sunday?”

 

Japanese Christians represent 0.7 percent of the total population and only maintain church membership after baptism for an average of one year and seven months.

Why is this so? Can we thus no longer expectantly to find sincere seekers after Christ? No. We should not grow weary. An evangelist will persevere. (Tr. BN)

 

—Nagasaki Tetsuo, general secretary

総幹事室より
自己紹介

第三八回教団総会で指名された後、直ちに西早稲田の教団事 務所 で総 幹事 として就任し、業務を始めた。

だが、これはこれまでの東京山手教会牧師のまま、二〇一 三年 イ- スタ -三月三一日までの任期が続いている関係で、総幹事になったからと言って教会を留守には出来ない立場なのである。

ということで、只今わたしは教会にいない時は教団にいる し、 その 逆で もあってこの過酷な日程にはこれまで体験しなかった超多忙中ということになる。

では自分の生活はと言えば、この二つから解放されて家に 帰る こと が出 来るのは、ただ風呂に入って食事をし、寝るだけの日々ということである。

ところで、東京山手教会のことを言うと、此処は連日四〇 万人 の集 散は あるという通称「若者の町」のど真ん中に経つ凡そ八百人は修養可能な会堂を持つ教会で、一昨年の日本プロテスタント一五〇周年信徒大会で は事実九百人の集会の会場ともなった。

此処での一八年の牧師生活を振り返ってどうしても語らな けれ ば済 まな い問題はと言えば、やはり「伝道」のことだ。

確かに、連日分刻み最低二〇人は通るだろうと思われる教 会の 前の NHK通りは、何時もその変のお祭り騒ぎである。しかし、それは通り過ぎるだけの人々で、その中から教会へと足を向ける人は皆無と 言って 良い。

一週間の内、主日礼拝は除いてわたしは夜昼三回は、聖書 を読 む集 会を 続けている。その度にその集会の案内板は表通りに出す、持って教会への誘いもする。

しかし、それは彼らの目的のデパ-ト・ショッピングか NHK のイ ベン トか代々木オリンピックセンタ-のゲ-ム観戦かの関心以上の何者ではなく、虚しく立ちつづるだけなのだ。

なんだか泣きごとに聞こえるだろうが、この現実に更に輪を かけ て教 会の 神経を逆撫でするのが「クリスマスセ-ル」だ。彼らは、十月末ともなれば、何処の盛りから切ってくるのか大きな樅の木を立て、聞こえがし の、教会よりズッと美しく上手なクリスマス賛美歌を流し始める。

もともとクリスマスの特許は教会の所有権のものでしょ う。そ の最 も教 会の大切の上張りだけをはぎ取るようにして、自分たちの商に狂奔する者たちの姿は如何にも得意満面である。

だが、牧師としてわたしはその年クリスマスにあの高校生 は洗 礼を ウケ ラレルノカ。教会に辿り着くまで一時間半も二時間もかけて電車とバスに乗って来るあの年寄りたちは、果たしてその日に来ることが可能だろ うか。そんなことばかりを考えている。

教会人は今、日本人口の0・7パ-セント、洗礼後教会滞留時間平均は何と一年七カ月に満たない。何故か。この国に最早真摯なキリスト求道者を求めたり、期待するのは無理か。いや疲れてはならぬ。其処に伝道者は立ち続けるのだ。

(長崎哲夫総幹事)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友