【June 2016 No.388】Ministry of Reconciliation: Dialog that Brings about True Reconciliation

In the midst of a never-ending conflict between Israelis and Palestinians that seems to have no solution, one Japanese woman shares her work for reconciliation through “Musalaha,” a NGO working to build mutual understanding and trust across the divides of ethnicity and religious worldview.

   Musalaha is a non-profit organization founded in 1990 by Professor Salim Munayer, an Arab Israeli Christian, to work for reconciliation between Israelis and Palestinians based on the life and teachings of Jesus Christ. Following the principles of reconciliation taught in the Bible, it strives to implement various programs to build bridges across the several chasms that have developed between Israeli and Palestinian societies.

対話がもたらす真の和解

##

和解のミニストリー

イスラエルとパレスチナの隔ての壁を越えて

 

##

小野山  翠

おのやま  み どり/ NPO「ムサラハ」インターン

 

##

解決の糸口が見つからないまま長期化するパレスチ ナ紛争。

異なる民族、異なる宗教観での相互理解と信頼関係 構築の

ために地道な取り組みを続けているイスラエルの

NGO「ム サラハ」で働く日本人女性が

その働きを紹介しつつ、自らの

和解の体験を語る。

 

##(ムサラハとは)

ムサラハ(Musalaha)

アラブ系イスラエル人クリスチャンであるサリム・ ムナヤー博士が、イエス・キリストの生き方と教えに倣い、イスラエル人とパレスチナ人の和解のために働く非営利団体として1990年に創設した。聖書に記された和解の原則に従い、 イスラエルとパレスチナの社会にできてしまったさまざまな「溝」に橋を架けることを目指し、各種のプログラムを実施している。

 

##(本文)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友