A change from poor English and poor personal relationships — Learning to Live to Become My True Self

by Hasegawa Satoshi

Keiwa College Graduating Class of 2012

 

My mother took me to church from the time I was a child, and I grew up in that environment. In the beginning, church was a place for me to interact with friends, but as I grew older, I became aware of God’s presence in my life and was led to baptism. With a desire to further deepen my faith, I entered Keiwa Gakuen High School.

 

During my school life at Keiwa, I found my dream for the future. That dream was to be an English teacher at a Christian school. The truth is that I was poor in English from the time I was a junior high student. The main reason was simply that I could not understand how to read and write English.

 

However, one of my high school English teachers taught me how to find phrases when reading and took time to teach me carefully the rules of English. As a result, I began to understand what I was reading, and this understanding led to the enjoyment of English. Because of this experience, I want to be able to share that enjoyment with students who are having difficulty. When I found out that I could acquire an English teaching certificate/license here at Keiwa College, I felt that God had led me to continue my study here to become an English teacher.

 

Now, as I reflect before graduation, I realize that in the midst of the difficulties of my course of study, I have experienced much joy. I have learned the importance of accomplishing tasks not just as an individual but also as a member of groups working together. And I have felt the challenge and calling to be a teacher. Further, in the midst of my education at Keiwa College, I have found a new me. During high school, I was rather passive and had poor social skills in relating to people. However, toward the end of my high school life, I began to take some leadership in school activities. Through those activities I realized the pleasure of interacting with people. Once I entered university, I decided to be actively involved and try something new. That led to my participation in the Brass Band.

 

I had been interested in music from childhood and had tried to play various musical instruments. Here at the university, I decided to try the tenor saxophone. Until that time I had generally held back from doing what I really wanted to do, but I finally realized that it was okay to express myself. Furthermore, I found it enjoyable. In this way, I became more positive and active in personal relationships. Since then, I have been blessed with wonderful friends, and these four years of university life have been an endless source of joy and fulfillment for me.

 

I have studied here for seven years. During high school, I was able to make a start, and during my university life here I have found myself. Reflecting on this, I strongly feel that God led me here and has given me my dream for the future. At this point, I am still looking for a teaching position, but it is my intention to do my utmost to realize my goal of being a teacher. It is my strong wish to use my gifts as a teacher in a Christian school. (Tr. JS)

 

長谷川 智 敬和学園大学

敬和学園大学2012年度卒業生

 

苦手だった「英語」と「人との関わり」が変えられて

本来の自分を生きることを学ぶ

 

私は幼いころから母に連れられて教会へ通い、キリスト教と関わる生 活を送ってきました。そのころの私にとって教会は友人との交流の場でしたが、次第に私の隣にいつも神さまがいてくださることに気付 き、受洗へと導かれました。そして、キリスト教とのさらに深い関わりを求めて高校から敬和学園に入学したのです。

その敬和学園での学生生活の中で、将来の夢にも出会いました。それ は、キリスト教学校の英語の教師になるという夢でした。実は、私は中学生のときから英語がとても苦手でした。なぜ苦手だったのかと考 えると、英語の読み方、書き方がわからなかったことが一番大きな原因だったと思います。

ところが、そんな私に高校の先生が、文章を読むときの区切りの作り 方や、英語のルールを詳しく教えてくれたのです。おかげで次第に英語がわかるようになり、わかることから楽しくなっていきました。そ してその経験から、私と同じように英語が苦手な子どもたちに英語の楽しさを伝えたいと思うようになったのです。しかも、同じ敬和学園 で教員免許が取得できることがわかり、神さまが敬和学園での学びを通して私を英語教師の道へと導いてくださっていると感じ、敬和学園 大学へと進学しました。

今、卒業を目前にして振り返ると、大学の教職課程での学びはつらい ながらも喜びの多いものだったと強く感じています。私はそこで一人ではできないことを仲間と共に楽しみながら行うことの大切さと、教 師という仕事のやりがいを見つけることができました。

さらに、学園生活の中で、新しい自分を見つけることもできました。 高校在学中、私はどちらかと言えば消極的な性格で、人と関わることがあまり得意ではありませんでした。ところが高校生活の終盤に学校 行事でリーダーの一角を担うこととなったのです。その経験を通して人と関わることの楽しさにやっと気付くことができました。そこで、 大学では最初から積極的に行動したいと考え、新しいことに挑戦しようと思いました。それがブラスバンドとの出会いでした。

昔から音楽に興味があっていくつか楽器に挑戦してきたのですが、大 学では新しくテナーサックスに挑戦することにしました。それまでは、本来自分がやりたかったことを抑えながら生活をしてきました。で も本来の自分を出してもいいんだ、出すことがとても楽しいんだということに気付き、人間関係においても積極的な自分を出すことができ るようになったのです。それ以来友人にも恵まれ、四年間、笑いの絶えない充実した学園生活を送ることができました。

敬和学園で高校・大学と七年間学びました。高校できっかけを作り、 大学で本来の自分を見つけることができました。そんな学生生活を振り返り、今では、私を敬和学園へと導き、将来の希望を与えてくれた のは神さまだと強く感じています。私はまだ就職活動中で教師として働くことはできていませんが、敬和学園で得た目標を実現するために これからも全力で努力し、自分の賜物を教育者の一人としてキリスト教学校にて発揮できることを強く望んでいます。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友