自主活動団体

自主活動団体とは、日本基督教団宣教委員会が認定する団体で、文字通り自主的に宣教活動をする。但し、教規第41条④にあるように、教団の宣教委員会の活動を側面から助けるために連絡を保ちながら、定められた分野で宣教活動をする。経済・財政的には自立している。

現在、自主活動団体にはその3つの団体がある。

・全国教会婦人会連合

・全国教会幼稚園連絡会

・日本キリスト教保育所同盟

 

全国教会婦人会連合

第15回教団総会(1968年)の教団機構改正により、教団の外郭団体ではなく、教団内自主活動団体として誕生した。宣教委員会に連なり、「御言葉によって立つ信仰」と「教会に仕えること」を大切な基本姿勢として、全国的な婦人宣教活動と教会婦人の連帯のための働きを主体的に担っている。

<組織> 教区の婦人組織に基盤をもつ教会婦人の全国組織であり、中央委員会を最高議決機関とし、事務局を置き、活動は全国からの自主献金で運営されている。

<活動内容> *教区・地区単位の活動:各教区の自主性に委ねられた活動

*全国単位の活動:全国的研修会の開催。教区の課題を中央委員会、機関紙『教会婦人』を通して共有。東日本大震災被災教区・教会への支援

*小委員会活動:6つの委員会があり、国際的つながり、にじのいえ信愛荘の維持運営の活動および全国的連帯の課題に取り組む。

全国教会婦人会連合HP

www.nfkws.org

 

 

全国教会幼稚園連絡会

沿革

全国教会幼稚園連絡会(全教幼)は、1971年6月1日から3日まで、軽井沢で行われた教育委員会主催、第8回全国教会幼稚園園長会において、「全国教会幼稚園連絡会」(仮称)の設立について話し合われ、翌年、1972年に正式に組織化されました。当初の教育委員会の主導から、全教幼の働きへと引き継がれる中、第34回総会期(2007年1月17日)に、自主活動団体として認定して頂きました。現在は、約360園に会報及び各会の案内を年3回お送りし、研修会を開いています。

目的

○例年、研鑽(設置者・園長会、夏期研修会、教区連絡会・総会)の機会を設けて学びを深め、必要経費(会費を含む)を分担しつつ、教会幼稚園の宣教の課題を担い合っています。

○神学校を卒業し、教会、教会附属幼稚園に就任予定の方々の、幼稚園オリエンテーションを開き、新しい職場での継続的な働きを支援しています。

 

日本キリスト教保育所同盟

日本基督教団の教会、および信徒が設立した社会福祉法人・宗教法人の施設が加盟している団体である。13地区・242箇所からなる。教区によっては保育園のない、また少数で組織できないところがあり、教区を、地区としての単位で活動している。

年1回開催している夏季保育大学では、2012年に第54回を迎え、全国から300名の保育士たちが参加して行われた。毎年3~400名参加している。

各地区で、保育園の園長・保育士・栄養士・調理師それぞれの研修を実施しているほか、同盟本部も年2回の全国理事会、園長研修会、新任研修会、中堅保育士研修会、リーダー研修会を行い、キリスト教保育の基本を学ぶ機会としている。

同盟事務局は現在、京都地区がその責任を担っているが、各地区理事、本部理事によってキリスト教保育所同盟の働きを続けている。

日本キリスト教保育所同盟HP

http://www.kihodou.jp/kirisutokyouhoikushodoumei/top.html