【4815号】♦カルト問題対策研修会♦ 対策委員会新設の四国教区にて開催

 1月19日~20日、四国・松山教会を会場に、5教区合同のカルト問題対策研修会が行なわれた。参加者は関東、東京、西東京、神奈川、四国の各教区から計13名。

 この企画は、今年度、四国教区にカルト問題対策委員会が設立されたばかりであり、委員に相談未経験者もいたため、対応の基礎的な知識とカルト宗教に関する最新情報を共有することを目的として立てられた。

 初日は、2名の発題により、カルトからの脱会カウンセリングにあたっての基礎的な学びを行った。教団はこれまで「現地主義」を原則として、相談者に最も近い教会が、相談にあたることとされていた。しかし、カルトに関する知識や、この問題に対する姿勢に差があったように思われる。時間も労力も要する事柄であるが、一人で問題を背負うのではなく、協力体制を作り、情報交換、連携をとりながら取り組んでいくこと、また、脱会させるのは相談を受けた者ではなく、その家族にかかっていることが教えられた。そして、脱会がゴールではなく、本人や周囲は傷ついているため、その癒しも考えていかなければならないことを示された。

 2日目は、現在勢いを増している「新天地(新天地イエス教証しの幕屋聖殿)」についての情報を共有した。この団体は、既存の教会に熱心な信徒を装った若者を送り込み、その信徒がやがて役員となり、従来の役員を入れ替えたり、牧師を追い出したりして、教会ごと新天地の教会に変えてしまういわゆる「乗っ取りタイプ」のカルトである。この団体は、時間をかけてでも計画的に教会の信徒や財産を奪っていくものであり、注意が必要である。

 諸教会においてはカルト問題を単なる社会問題として扱うのではなく、自分の教会にもいつ入り込んでくるかわからない、教会の信仰の問題でもあることを覚えて対策を考えて欲しい。

 長年カルト問題に中心的に関わっている方々を迎え、貴重な体験談も交え、四国教区として大変有意義な研修会となった。
(四国教区社会部報)

  • 新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友