【4576号】文理・条理に徹した解釈で答申 委員個々の思想信条をこえて 信仰職制委員会

第34総会期第一回信仰職制委員会は三月三日、四日の両日、教団会議室で七名の委員が集まって開催された。委員長に岡本知之氏、書記に井ノ川勝氏を互選し、まず信仰職制委員の任務について話し合った。
委員会の主要な職務である諮問への答申に関しては、委員個々の思想信条をこえて教憲・教規の文理・条理に徹した解釈を基礎として答申を作成する努力をすることを確認し合った。
次に式文改訂小委員会委員の報告を聞いた。同小委員会では、既に結婚式文案を作成し、次いで葬儀式文、礼拝指針と礼拝式文の作成を行いつつある。結婚式文については改訂案を常議員会に送って検討が始まっている。
また前期委員会よりの申し送り事項として、次の三項目があることを確認した。
①出版局の要望による教会暦行事のリスト作成。
②総務担当幹事の要請による教規等における条文の整備。
③葬儀式文の検討。
続いて本年一月一八日付で教団総幹事より出された教規一二八条の「教務教師」の扱いについての諮問を取り扱った。これは二〇〇〇年八月に提出した信仰職制委員会の「教務教師の取り扱いを受ける者の範囲」(教規施行細則第八条)に関する答申で対応しきれない点について、再度諮問されたものである。
週一時間担当の時間講師も教務教師として登録することの是非や、本人による辞任申請がなされないが明らかにその職に無い教務教師についての扱い方などを内容とする。
改めて関係の条文を検討し、今回の答申では、教規施行細則第八条に言う「キリスト教学科の担任者」の範囲を明確に示すこととした。またこれに関連して、教務教師の登録に関する諸規定の整備が必要であり、教規施行細則に追加することが望ましい旨表明した。
この過程で、神学教師と教務教師の区別について若干不明瞭な点があることが挙げられ、今後の検討課題とした。
(大村 栄報)

  • 新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友