【4753号】ここに教団がある

 6月に、在日大韓基督教会と日本基督教団との宣教協力委員会(4~5日。湯河原にて)、第12回部落解放全国会議(11~13日。大阪にて)、新任教師オリエンテーション(18~20日。天城山荘にて)が開催された。新報紙上ではスペースの都合があり、その内容や全体の様子を十分に伝えることは難しいと思うが、それぞれに充実した学びの時をもつと共に、実際の活動や取り組みが紹介され、実に活発な話し合いがもたれたことが印象的であった。在日大韓基督教会との宣教協力委員会では、近藤勝彦東京神学大学長による両教会(教団)の宣教協力の共通基盤と目的についての講演と、浪速教会の金鐘賢牧師のホームレスと共に歩む宣教活動の報告をじっくりと聞き、大きな励ましを与えられた。部落解放全国会議は部分参加ではあったが、講演による学びがあり、日頃各地域において部落差別撤廃と反差別の連帯の働きを担っている方たちの報告があり、再会や新しい出会いがありという、実に熱気あふれる集まりであった。新任教師オリエンテーションでは、新任教師からそれぞれの任地における奮闘の様子を聞くことができて有益であったし、集った教師たちが、遣わされた教会の形成に励むことにおいて、全体教会としての教団の形成を担っていることを思い、本当に頼もしく思った。内容や参加者も全く異なる集会であったが、その関わりと取組みの幅の広さに、「ここに教団がある」との思いを強くした次第である。
(教団総会書記 雲然俊美)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友