インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4988・89号】▼EMS総会報告▲(3面)

2022年12月31日

ユースや女性の活躍目立つ

 11月15〜18日に南西ドイツのシュミッテンで、EMS(福音連帯宣教会)の総会が開催され、教団からは西之園路子がEMS総会議員として出席した。
 2年ごとに開催されるこの総会には、南西ドイツの教会関係者の他、アジア(インド、インドネシア、韓国、日本等)、中東(ヨルダン)、アフリカ(ガーナ、南アフリカ共和国)のEMS加盟教会の代表者たち、70名ほどが参加。今年9月に行われたProPro委員会で協議されたEMSの支援先と支援金額もこの総会で可決された。本総会において、インドとインドネシアから各1教会を新たにEMSのメンバーに迎えることが承認された。また、議長団やMission Councilメンバーの選出も行われ、西之園議員はsubstitute(補欠委員)として選出された。教団とPROK(韓国基督教長老会)は、6年任期の委員を3年ずつ交代で担い、現在はPROKの議員が委員となり、教団の議員は補欠となっている。
 WCC同様、EMSでもユースたちの活躍が目を引いた。ガーナ長老教会の代表3名の内、1名は22歳の女性だった。また、韓国のPCK(大韓イエス教長老会)の代表3名の内、2名は女性のユースだった。各国の諸教会がこのような国際会議に意識的・積極的にユースや女性を送り出していることを感じる。教団と比べ、多くのユースや女性が議員として参加している会議はうらやましくも思えてしまうが、それでも議場からはもっとユースや女性の議員枠を増やして欲しいとの声が挙がる。ユースたちからはオンライン会議等を用いてでもすぐ実行して欲しいとの要望も出たが、この案件には規約の見直しや変更も必要となり、大切な議題だからこそ、きちんと対面で意思疎通した方が良いとのことで、前向きに検討する方向での継続審議となった。

(西之園路子報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2023
The United Church of Christ in Japan