インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4980・81号】日本キリスト教社会事業同盟総会(5面)

2022年9月10日

総会に先立ち、二つの講演を実施

 7月8日、日本キリスト教社会事業同盟総会がオンラインで開催された。団体会員26、個人会員1、委任状18で合計45の参加者で総会が成立した(2022年4月1日現在の会員数は団体会員63、個人会員11、協力会員10)。岸川洋治理事長のあいさつにはじまり、予定されていた議案の全てを可決した。その中でも特に次の2点をお伝えしたい。
 一つは、2022年2月に行われた特別研修会である。「キリスト教社会福祉への歩みとこれから」と題して、同盟の顧問でもあり、横須賀基督教社会館を通しての働きでも知られている阿部志郎氏の講演をユーチューブで全会員に配信した。再生回数から講演が全施設に浸透したと考えられる。
 二つ目は、ウクライナ支援として、教団社会委員会の呼びかけに応え、キリスト教界総合福祉募金より20万円を支出したことである。
 さらにこの総会に先立って、松橋秀之氏(横浜いのちの電話理事長)より「いのちの電話相談から見る社会の課題」、中道基夫氏(関西学院院長)より「キリスト教社会福祉−神学の立場から」と題する講演を行った。
 最後にこの場を借りて、教団との関係で期待していることを述べたい。日本キリスト教社会事業同盟は教団の関係団体で「教会と社会福祉事業との相互理解と協力を推進するために相互に協力する」ことを宣言している。そこで、教団総幹事と社会委員会から1名が同盟理事に任じられている(今回は、秋山徹総幹事と柳谷知之)。岸川理事長によれば、教団と同盟の関係がより深くなることを期待している。すなわち、各教区や分区・地区レベルでの教会と施設の相互の交流、協力を望んでいる。現実的なことでは、同盟ニュースを全国の教会へ届けるにはどうしたら可能なのかを課題としている。

(柳谷知之報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan