インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4975号】聖公会の新しい歩み(4面)

2022年6月25日

 4月23日、札幌で行われた日本聖公会北海道教区の新主教按手・就任式に出席した。
 英国国教会の流れをくむ日本聖公会では長く女性の聖職就任は制限されていた。1998年、初めて女性の司祭が任じられ、ついに昨年、北海道教区が新主教に笹森田鶴司祭を選出して、東アジアの聖公会で初めての女性主教按手に至った。コロナ禍で出席者が制限される中、笹森新主教とは神学校の同期のよしみで招かれて歴史的瞬間に立ち会わせていただいた。
 新主教は挨拶で「女性の主教按手は日本聖公会が多様な人々の信仰共同体であることを示す。いっぽう、そのことに違和感を覚えたり神学的に違う立場の方々もいる。それでよい。今は長いプロセスの途上にある。今、日本聖公会の多様性の中での一致への模索の機会があらためて与えらえた。分裂ではなく対話による一致への招きに応えなければならない」と述べた。
 『日本聖公会における女性の司祭按手に関するガイドライン』には「すべての聖職と信徒は、女性の司祭按手についての立場の違いを越えて、協働者として対話をしつつ、協力しあう」、「女性の司祭按手についての立場の違いを理由に、聖奠執行や交わりから排除されることがあってはならない」とある。
 立場の違いを超えて信仰共同体を形成していく決意のことばに、敬意と共感を深くした。
(教団総会副議長 久世そらち)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan