【4720号】3教区へ1千万円ずつの救援金

 

震災直後の312日の第1回救援対策委員会に続き、323日(水)、第2回委員会を開き、下記の件について協議した。

*被災した3教区へ、各1千万円を送金する件について

すでに、石橋秀雄教団総会議長による問安(313日~16日)に際して、各教区へ50万円ずつお見舞い金を渡しているが、さらに、石橋議長の要請により、被災した3教区へ各1千万円を送金することとした。

ただし、送金に際しては、以下のことを確認した。

①これは「教区(総会議長 常置委員会)の責任において、被災教会・伝道所の救援に重きをおき、お使い下さい。」とする。

②内藤総幹事が、各教区議長へ、上記の内容を個別に連絡をする。

《救援対策委員会委員》

内藤留幸、道家紀一、釜土達雄、藤盛勇紀、計良祐時、大三島義孝

 

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友