【4912・13号】♦︎テゼ黙想ツアー♦ PCTテゼプログラムに合同し初参加

 台湾基督長老教会(PCT)のテゼ黙想ツアーが8月23日から9月5日に行われた。PCT台中学生センターの潘忠杰牧師が始めた企画で、2回目の今年は教団も誘いを受け、合同のプログラムとして実現した。

 参加者はPCTが16名、教団が7名、内引率各1名であった。メインは8月25日から9月1日に、テゼ共同体で行われる18〜35歳の青年たちのための国際的集いに参加し、黙想することで、ヨーロッパを中心に世界各地から約2000人の青年が集まった。

 テゼ共同体は1940年、スイス出身のブラザー・ロジェによって、フランス・ブルゴーニュ地方の小さな村「テゼ」に創設された超教派のキリスト教男子修道会で、分裂や争いのある世界で、『見える和解のしるし』となることを目指して始まった。修道士(ブラザー)たちが、教派の違いを越えて、共に祈りと労働の生活をする。テゼは、深い沈黙の中での祈りを大切にし、朝昼晩の祈りは、長い沈黙、祈りの歌や聖書の朗読によって進められる。「内なる信仰を深めること」と同時に、「苦悩する人々との連帯」を創設からの大切な指針とする。

 滞在中は朝昼晩の祈りの他に、ワークショップ(聖書研究、環境・社会問題、芸術等)や、それぞれのワークをして過ごした。ワークは初日に全員が一つ選ぶ。内容はトイレ掃除、食事の配膳・片付け、礼拝準備、ゴミ捨て、聖歌隊等。その週に招かれた人で共同体の生活が維持される。今回日本の参加者は、聖歌隊と夕飯準備の奉仕をした。日々は単純素朴で、全ての営みが祈りに向かって生活する一週間であった。

 また期間中には台湾と日本の他に、韓国、香港、中国の青年との交流やブラザーと一緒に食事をとり、話をする時間も与えられた。今回の参加者はすでに教団海外派遣プログラムや青年活動に関わる青年が多く、リーダーシップをとる彼女、彼らが一度立ち止まって神様と関係を築くことに集中し、忙しさから離れて自分を見つめるプログラムであった。

 なお、詳細は世界宣教委員会Facebook上に、参加者の報告と写真を載せているので、合わせて参照してもらいたい。(廣中佳実報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友