【4910号】人ひととき 平岡 万美さん 信仰に支えられて

「わたし、2度自殺旅行をしたんです」。信仰の経歴を伺う中で衝撃的な一言だった。

 14歳の2月、牧師の娘であったクラスメートに誘われて単立の教会へ通い始めた。家庭は厳しかったが、教会では優しく迎えられる。それが嬉しかった。

 高校3年生になり進路を決める際、福祉を学ぶために進学したい思いがあったが、就職を強く勧める人もおり、また進学を勧める人もいた。そのために悩み、泣きながら眠れない日々が続いた。やがて心身に変調をきたし幻聴が聞こえるほどになった。通院や服薬もやめてしまうことになり、ついに九州へ旅をしながら真冬の海に飛び込んでしまう。しかし沈むことができず、自力で岸に上がり助けを求め、なんとか自宅に戻ることになった。

 資格を取るために1年学校へ通い、銀行に就職することができた。順調に進んでいたが、8ヶ月くらい経ってまた幻聴が聞こえるようになった。自分は神さまに見捨てられているような気がして、今度は琵琶湖へ向かい、用意周到いよいよその時、「死んではいけない」との声が心の内に溢れ、思いとどまることになった。

 しばらく教会を離れ、自由な生活をして心身の回復が叶った。27歳の時、CDを聞くつもりでつけたプレイヤーからラジオのFEBC放送の讃美歌が聞こえたのをきっかけに、教会に戻ることができた。振り返ってみれば、一番辛かったのは進学できなかったことではなく、信仰を失ったことだと気づかされた。

 現在は三島真光教会に属し、教会の奉仕をいくつか担っている。「純粋な信仰で祈りの素晴らしい方」とのこと。今の願いは、夫と二人の子どもと共に礼拝に出席することである。

愛媛県八幡浜市出身。三島真光教会員。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友