【4712号】祈りに覚え、覚えられて

 

台湾基督長老教会

石連城総会副議長

台湾基督長老教会は2015年に創立150周年を迎える。これからの5年間、台湾基督長老教会は信徒一人一人に対し、日毎の宣教努力を積極的かつ外向的に展開するようチャレンジしていくつもりである。

東アジアにおいて少数派のキリスト者として、日本基督教団と台湾基督長老教会は特別なきずなで結ばれている。台湾の長老教会が政治、宣教において困難に直面した時の励ましと祈りに感謝する。

否定的なことを考えるのはたやすいが、主イエスが5つのパンと2匹の魚で何千人もの人々を満腹させたことを覚えてお互いに励まし合って行きたい。

 

☆クリスチャンチャーチ(ディサイプルズ)と米国合同教会の共同世界宣教局

カシルダ・E・ルザレス同志社大学教授

私は日本において20年以上にわたって活動してきた。宣教師としてどのように働くか考えていた際、教団ホームページの総幹事ダイアリーから、伝道の課題として、罪、貧困、病、無知、人間関係の破れからの救いということがあると示された。同志社での教員生活を振り返り、「知識の伝達を超えた、人格の成長と精神の涵養」としての「無知からの救い」という課題を日本の学生とともに自分自身も取り組むことができたことは大きな恵みである。

また、ズー・シャオリン/東アジア・太平洋地区幹事からは、文書による挨拶で、日本基督教団のパートナーとして仕えることが出来たことの喜びが語られ、日本の教会が、福音のメッセージを分かち合い、平和と公正を推進していくこと、責任ある市民を育成し、信徒指導者と教師を訓練することを通し、日本の人々が生ける神を知るようになりますようにとのメッセージが寄せられた。

 

☆南西ドイツ宣教会

ジークフリート・フィンクバイナー牧師

1975年に日本に初めて来て以来5度目の来日である。今回はNCC宗教研究所の研修会に参加する同行者として派遣されている。京都市内の教会の礼拝に出席し、日本各地の教会を訪問する中で、日本の教会を知り、そこにある多くの賜物に驚いている。

諸宗教のただ中で、キリスト教の特別な点は、十字架という極限において、神が愛を示してくださったという点にある。福音を宣べ伝える時、課題、問題、相違が生まれるが、それは私たちが真実にキリストを宣べ伝えるにはどうすべきかを考えるときにこそ起こることである。

この総会が喜びの訪れを生き生きと伝えて行く真実な道を発見する会議となることを祈っている。

 

☆アジアキリスト教協 議会

ヘンリエット・フタバラト・レバン総幹事

アジアキリスト教協議会を代表して、日本基督教団の皆様に感謝を申し上げる。これは、アジアキリスト教協議会を組織する22カ国100教団を代表するものである。アジアキリスト教協議会は、「人を変えることができる神の愛を伝え、ともに歩む」をテーマに会議を行い、この5年間の目標とし、アジアの教会に対し、預言的良心的癒しと和解の業として、正義と医療を行っている。困難な時代の中、特に、自然災害や、大不況の中で苦しんでいる人々のことを覚え歩みたい。

教会の中においても、さまざまな意見があり、困難を覚えるが、多様性を認めつつ、励んでいきたい。最も重要で、長期間にわたる日本基督教団の協力に感謝し、日本基督教団の上に、聖霊の導きを祈る。

 

☆在日大韓基督教会

崔栄信総会長

私たちKCCJのすべての教会・伝道所は、地域社会の中で主の福音を宣べ伝え、またその生き方に倣いつつ、私たちが多様性の一致に基づく教会であることを信じ、すべての教会の一致と和解のために呼び出されていることを、今こそ確かめ合う時期に来ている。宣教2世紀に向けた、宣教協約に伴う具体的な宣教協力の実質化のために、日本基督教団と各地方会の教会が新たに模索しあう動きが活発になることを願う。

議場では、これまでの議論を聞きながら、日本基督教団に与えられた課題の難しさを感じた。しかし同時に、日本の宣教のための熱い思いを強く受け取った。教団の痛みは私たちの痛み、教団の喜びは私たちの喜びである。祈りつつ、ともに日本の宣教に励みたい。

 

☆日本キリスト教協議会

輿石勇議長

広範囲にわたる日本キリスト教協議会(NCC)の働きを、これまで日本基督教団が支えてくださっていることに、厚く感謝申し上げる。特に、山北宣久議長の働きと、NCCに対する力強いお支えに感謝する。議長交代は、日本基督教団の一つの新しいときの始まりを意味するだろう。日本基督教団にとっての画期は、また、日本のキリスト教界の画期でもあるだろう。NCCも現在機構改革を進めているが、この改革が邁進するように、これまで以上のお支えを願う。

37回総会を神が導いてくださり、総会でなされるすべての議論と下される決断を御心に叶うものとしてくださるようにお祈り申し上げる。

 

以下は挨拶文のみ

☆大韓イエス教長老会 (統合派)

キム・ジョンソ総会議長

日本基督教団のすべての指導者と信徒の皆様が、神様の与えられた使命と世界的なエキュメニカル運動へ献身していることを、心から感謝の内に覚え、一致団結の意を表したい。危機的な時代にあって神様の御心を見分ける神様の導きと、福音を広めるための知恵と信仰が、総会を通して与えられるよう祈っている。

すべての教会が、神様の通り良き管として引続き奉仕に励めるよう、互いの協力関係を願い求めるべきだと確信している。それを実現するために、日本基督教団と大韓イエス教長老会の宣教協約関係が、キリスト者の信仰と愛の強い絆によってさらに深められることを望む。

 

☆タイキリスト教会

ヴィラート・コイデュル総会議長

「教団の一致はいずこへ?-御霊の導きを渇望しつつ-」との教団総会の標語は、バンコクで2週間前に開催した私たちの総会のテーマと重なる。私たちも神のみがもたらす一致に重点をおいた。重大な岐路に立つ今日、日本基督教団の将来の方向性を審議するにあたり、神の導きと聖霊による分別があるよう祈っている。神の国を宣べ伝えるための教団とのパートナーシップを、タイキリスト教会一人ひとりは大切に考えている。

☆英国メソジスト教会

マーティン・アトキンズ総幹事

私たちも総会を終えたばかりで、総会に集って、教会の展望や世界に向かっての神の使命を確認することが、どれほど私たちを霊的に一新させるかが良く分かる。今回の総会を通し、神様の霊に皆様が活気づけられ、結束されると確信している。

日本基督教団と英国メソジスト教会のパートナーシップは、私たちにとって大切なものである。教団に派遣されているシーラ・ノリス宣教師、ダニエル&康子デルミン宣教師の働きを含め、教団との結びつきに喜びを感じ続けている。

 

☆ミッション21

ゲルハルト・ベルチ国際関係部長

目まぐるしく変わる社会また近代化や物質主義の価値観に直面させられる社会にあって少数派のキリスト教会として、皆様から教えていただくことが多くあると思われる。ここに集い、報告に耳を傾け、直面しなければならないチャレンジについて話し合う皆様を覚え、私たちを守ってくださる主に忠実であり、主のお約束を固く握り締められますように祈る。

ミッション21はスイス・ドイツ語圏内プロテスタント教会の公式な宣教団体であり、地球上3つの大陸にまたがる教会やキリスト教団体で構成される、国際的な、学習を積み重ねる共同体である。協力教会や協力団体と共に、貧困緩和プロジェクトや、教会の社会に変革をもたらす役割を促進するために、各個教会を援助し、その強化を目指す活動などに取り組んでいる。

 

☆世界教会協議会

オラフ・フィクセ・トゥヴェイト総幹事

日本在住のキリスト者は、その信仰深い証しを通して、たとえ人口が少ないとしても、社会や世界のキリスト教界に与える貢献範囲や貢献度が限定される必要はないことを明らかにしている。諸教会の持つ活力と潜在力によって、日本のキリスト者、特に日本基督教団の兄弟姉妹は強められて、キリスト者としての証と奉仕の働きを忠実に遣り遂げられるものと確信する。この視点に鑑み、日本基督教団が青年伝道と家庭建て上げの働きに邁進されますよう、衷心よりお勧め申し上げたい。

我々皆が属するこの偉大なるキリストの体を建て上げるために、奉仕を続けるWCC加盟の諸教会の交わりにおいて、日本基督教団が青年と家庭の分野で実をあげたいという希望と喜びの報告を聞きたい、と願っている。

 

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友