【4904号】荒野の声

 割愛とは、惜しく思うものを思いきって手放したり省略したりすること、と前主筆から引き継いだ「広辞苑」にある。新報に寄せられる原稿を頁に収めるに割愛することをある席で話したら、教団に割礼と割愛無し、と駄洒落好きな先輩が言って失笑を買った。確かに執筆者が思いを込め書いた原稿を短くするのはそうそう容易なことではない。▼教会の印刷物でも説教要約を求めることも、求められることもある。説教が一つの言語作品であるとすると、語られた言葉の連関が一つの構造を作り出しているはずであるから、そこからたとえ一語であろうと除く作業はどういうことなのか、と要約しながら思う。聖書は、これに付け加えることも、取り除くことも戒める警句で閉じられる。▼報告記事を書くことにおいても、どの議事を記し、どの場面を記すのか、どれを記さないのかの判断はしばし悩み苦しむ。しかし、時間が切り取られて文字となり、言葉に結晶することで真実を伝える。▼この切り出し方に、まったく無くすことは不可能であるとしても主観を排除し、客観性をどれだけ持たせることができるのかが紙面の質を決め信頼を作ることになる。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友