【4899号】人ひととき 門脇 荘さん 自由の奴隷として生きる

 東北学院中学校に進学し、初めてキリスト教と接した門脇さん。中高6年間、授業の課題で教会へ行くことがあった。しかし、クラシック音楽が好きな門脇さんにとって、教会はオルガンの音色を聴くために行く場所であり、聖書の言葉は何も耳に入ってこなかったと振り返る。

 大学では教会へ行く課題が無くなったことで、教会と無縁の生活になると思っていた。しかし、1年次の夏、同じ学科の友人が出席していた名取教会の礼拝に誘われる。初めて訪れた時から、アットホームで居心地の良さを感じたことや、ピアノの演奏ができる賜物を認めてもらえることに喜びを覚え、毎週通うようになった。当時オルガニストが不足しており、一ヶ月後には奏楽奉仕の機会が与えられた。また、同じく友人に誘われて行った猪苗代教会でのワークキャンプをきっかけに、東北教区の青年活動にも関わるようになり、その交わりから仲間が与えられ、学生生活がより充実していくのを感じられるようになった。

 その頃から、自らを見つめなおす機会が増えたと語る。大学入学以後、自己と他者の違いから溝を感じ、日常を楽しめず、世界が白黒のように感じられた。しかし、交わりや聖書の言葉を通して、自らに無い物を求めている自分に気が付いた。「人間的な支配から脱出し、向こう岸へと渡っていくんだ」。殻を突き破られ、柵から解き放たれた思いを抱いた門脇さんは、受洗の意を伝え、宗教改革500周年を記念した一昨年10月29日の主日礼拝に洗礼を受けた。

 信徒になって1年半が経った。キリスト教と出会って与えられた「自由の奴隷として生きる」視点が、自分たらしめる原動力となっていると語る門脇さん。今後も好奇心を持ち、変革を求めて生きていきたいと強く語った。

1997年、宮城県生まれ。東北学院大学生。趣味はバロック音楽、チェンバロ演奏。名取教会員。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友