【4700号】無関心な人々こそ

 

もう40年も前になる。当時全盛期にあった全共闘運動の最中、駒場東大のタテカンのことが妙に甦る。

「敵を恐れることはない。せいぜい君を殺すだけだ/友を恐れることはない。せいぜい君を裏切るだけだ/無関心な人をこそ恐れよ/殺しもしないし/裏切りもしない/だが彼らの無言の同意があればこそ/地上に裏切りと殺戮とがあるのだ」

これは次元の相違こそあれ、打って出ようとする者が味わう実感であろう。

赤十字の創始者の一人J・S・ピクテ博士が言ったそうだ。「無関心は長期的には、弾丸と同じく人を殺す」。

伝道戦線においてもこの無関心にさらされるということは最大の問題なのではないか。無関心の壁をいかに打破するかに我々の努力は注がれていると思う。

英語にA voice in the wilder-nessという表現がある。これはマタイ33節の「荒れ野で叫ぶ者の声がする」というバプテスマのヨハネのことをいうのだが、いつしか「誰も聞いてくれる人のいない演説」という意味になった。

内でガンガンやり合う声よりも外なる「誰も聞いてくれる人がいない」無関心な人にどう声をかけていくかということを考えていかねばならぬ。

無関心の人々に肉迫する声を響かせて目覚めを与えられることができる教会のみが残っていくのであろう。この厳しさを思う。

(教団議長 山北宣久)

 

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友