【4699号】神様とのお約束

 

「神様とお約束して礼拝に出席したいのです」と述べた。小学校5年生の女の子が洗礼志願をした。「どうして洗礼を受けたいの」と尋ねた時に所信を述べたのである。

生まれたときから、両親と共に教会に出席している。キリスト教教育による教会の幼稚園を卒業し、そのまま子どもの教会に出席しつつ成長している。両親が礼拝中は別室で過ごしていた。その部屋にもモニターテレビで礼拝を放映している。礼拝堂にいなくても、礼拝に出席していることになる。しかし、この一年くらい前からは両親と共に礼拝堂で礼拝をささげるようになった。説教もメモを取っている。B4紙一面に、メモが記されている。思いつくままに、劇画を描いたりしている。エレミヤの召命のくだりは、「若者にすぎません」と言っているエレミヤ、神様が「わたしがあなたと共にいる」と励ましている絵を描いている。説教者は関連してモーセの事例を引用しているが、説教メモはモーセの絵を描きながら、「モーセも」と記している。こんなに説教を良く聞き、メモまで取っていること、感心きわまる。役員会は洗礼志願を承認した。「神様とお約束」は十字架の救いを信じることであると受けとめたのである。

教会には両親と共に礼拝に出席している小学生や幼稚園児が結構いる。「お約束志願」が続くのではないかと役員会。教会学校を「子どもの教会」と称しているが、この「教会」の祝福である。

(教団書記 鈴木伸治)

 

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友