【4888号】PCTの救援活動

 大阪北部を襲った震度6弱の地震に続いて、岡山、広島、四国の南予地方に災害をもたらした西日本豪雨が続いています。総幹事は教団の救援対策の責任者として、教会の被災状況、教団に何ができるか、直ちに情報収集と対策を講じます。

 驚いたことは、わたしたちが動きを始めるや否や台湾基督長老教会(PCT)からメールが届き「見舞金1万ドルを送った」との連絡。すぐに関西各教区を幹事が訪ね、被災状況確認と見舞いを届けました。西日本豪雨の際は、直後の常議員会で救援対策委員会を立ち上げました。その後、直ちにPCTからまた、「200万円の見舞金をもって、7月26日、前総会議長陳明志牧師夫妻と林偉聯救援活動担当幹事が教団を訪ね渡したい」との連絡。矢継ぎ早の熱い申し出に驚かされ感激しました。

 PCTは東日本大震災の時、千人以上ものボランティアを仙台・石巻復興のため派遣しました。その後、台湾・花蓮で起こった大地震の救援活動を通して、PCTの救援活動の質の高さと、救援活動参加者が生きがいを見つけた等の声が台湾社会全体に広がって、次の救援活動への参加希望者が教会の内外で起こっているとのことです。

 教団も促されて人道支援拠点を設ける準備を進めています。主の霊に導かれた愛の労苦は相乗作用を伴って実りをもたらすことを学んでいます。(教団総幹事 秋山 徹)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友