【4689号】クリスマス・メッセージ

 

マタイによる福音書11825

その時、インマヌエルを見た  若月健悟

 

洗礼… 会津若松市に生まれ育ったわたしの生活が一変したのは、高校3年生の夏に友人二人と共に教会の門をくぐった時からです。恐る恐る訪れた教会で応対された牧師夫妻は年若く、気さくに話しかけてくださいました。米国人宣教師夫妻が一月間、町に滞在しているので、集会に出てみなさい、と誘われるままに参席したことが、教会生活の始まりでした。わたしが呼びかけ人となり、高校生たちが集まり、小さな礼拝堂が活気にあふれるようになって行きました。

楽しい夏も過ぎ、気がつけば、教会に残ったのは数人の仲間だけでした。同人誌をガリ版印刷して発行するようになり、夜遅く家に帰る日もありました。牧師さんから「教会学校を手伝ってくれ」と頼まれ、深い考えもなく引き受けました。次には、子どもたちに聖書の話をするようにと言われ、冷汗をかきながら子どもたちの前で聖書の話をしたのです。すると、子どもたちが楽しそうに聞いてくれたのが病みつきとなり、何度となく話をするようになりました。

それから5か月が経ち、牧師さんから洗礼を勧められましたが、家族の中でクリスチャンのいないわたしには、それはとても無理なことに思えたのです。ですが、どこからか「神にできないことは何一つない」(ルカによる福音書137節)との天使ガブリエルの言葉が心に響いてきたのです。思い切って受洗準備の時を持ちました。それでも不安は心の片隅にあり、このままで洗礼を受けてよいものかと迷わない日はありませんでした。

クリスマス礼拝前日のことです。わたしは、思いあぐねて友人の家を訪ね、友人とお母さんに、洗礼のことを相談してみました。「大丈夫。家族みんなが反対したら、わたしの家に来なさい。面倒見るから」とのお母さんの言葉に励まされ、本気で洗礼を受けようと、その時、心は定まったのです。家に戻り、夕食後に家族に集まってもらい、洗礼の決心を話しました。家族は皆、真剣な顔でわたしの話を聞き、しばらく沈黙が続きました。兄が口火を切って言いました。「どうせ三日坊主だからな、お前は。すぐに、ヤーメタ、ということになるさ」。姉たちも母も、それもそうだ、と言わんばかりの顔でしたが、反対する者もなく、その場は意外にもあっさりと納まってしまいました。翌朝、真っ白な雪の中のクリスマス礼拝を迎えたのです。

わたしとほぼ同時に教会に通い始めた仲間と共に洗礼式に臨みました。牧師さんがわたしの名前を呼んで、洗礼盤に張った水に手を置き、わたしの頭に乗せた時、滴り落ちた聖水が背中を通って流れて行くのを感じました。その瞬間、深い感動に心が躍り、天使の大群が「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ」(ルカによる福音書214節)と、わたしたちのため

に大合唱を始めたように感じ取れたのです。本心からこれでよかったと思えました。礼拝後、教会の方から祝福を受けた時、心が熱く燃えたのを今も思い起こします。

 

献身… 牧師さんから将来のことについてわたしの考えを聞かれ、教育者の道を考えていると話しました。「君は、人間を獲る漁師の道はどう思うかね」と、牧師さんはご自分のことについて話し始められたのです。

「牧師の働きは、赤ちゃんからお年寄りまで、全世代にわたって共に生き、一生付き合って行くことなんだ。これは牧師だけの働きだと思うよ」。この言葉に心ひかれ、神さまの御心ならば、と祈り始めました。

同志社大学神学部への道が開け、当初は厳しく反対していた家族も、わたしを京都へと送り出し、励まし支えてくれるようになりました。本当に神さまのなさる御業は不思議に満ちて極めがたいことを幾度となく体験させていただきました。

同志社での6年間の学びを終え、牧師たる者の心得も不十分なまま、ただ情熱だけで、教会へと飛び込んだのです。

幾度となく進むべき道を見失う営みの中で、神さまは時に適ってその道を指し示してくださいました。

「彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった」(マタイによる福音書29節)とあるとおり、御言葉は常にわたしの前に先立って進み、導いてくださったのです。

 

出会い… クリスマス・イヴの礼拝の準備をしていた時のことです。大学病院から電話があり、「一人の患者さんが、是非、賛美歌を聞きたいと希望しているのですが、聞かせていただけますか」とのことでした。丁度、聖歌隊の練習が始まるところでしたので「どうぞ」と返答しました。ストレッチャーに伏した若い女性が、主治医、看護師、ご両親に付き添われて到着し、聖歌隊の賛美に涙を流しながら聞き入っていました。翌年初め、ご両親から相談を受け、娘に洗礼を授けてほしいとの申し出を受けました。ご両親も一緒に洗礼を受けたいとのことでしたので、役員会はそれを承認し、病院での洗礼式に臨みました。

広い個室も、ご両親、主治医、看護師、ソーシャルワーカー、教会役員、そしてわたしで一杯になっていました。賛美歌を歌うことが許され、静かな声で歌い終えてから、わたしはたずねました、「キリストの十字架と復活による罪のゆるしと救いを信じますか」。かすかな声で「信じます」との娘さんの返答、わたしが受けたように、聖水に手をつけ、額に手をおいて感謝の祈りを献げました。すると、聖霊の息吹が部屋一杯に満ち溢れたようにわたしたちの心を満たし、涙がとめどなくあふれてきたのです。「インマヌエル、感謝です」と口を衝いて出た言葉に我に返り、洗礼式も感謝に満たされて終えることができました。

ああ今ここに神の子が新たに誕生したのだ、との確信が与えられ、まことに神我らと共にいますインマヌエルの現実を見せていただいた思いに満たされました。今もそしてこれからもインマヌエルの現実はわたしたちを救いへと招いています。その娘さんは、受洗後、間もなく天に召されましたが、キリストが天と地を一つに結び、共に生きる喜びを証ししていることを思うのです。このクリスマスに、新たなインマヌエルの現実を見せていただきましょう。

(国分寺教会牧師)

 

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友