【4886・87号】▼在日韓国朝鮮人連帯特設委員会▲在日外国人の 子ども支援塾を訪問

 第5回在日韓国朝鮮人連帯特設委員会を6月28日、横浜指路教会で開催した。

 はじめに宮本義弘委員長より以下の2件の報告があった。①2月1~2日、北海道クリスチャンセンターで開催された外キ協(外国人住民基本法の制定を求める全国キリスト者連絡協議会) 全国集会に出席。②6月4日に第51回在日大韓基督教会と日本基督教団との宣教協力委員会に出席。

 協議事項は以下の通り。①8月16~18日、高知県南国市にある清和女子中高等学校で開催される全国キリスト教学校人権教育セミナーに宮本委員長を派遣する。②RAIK(在日韓国人問題研究所)所長の佐藤信行氏が退職、7月13日に感謝会が行われる。感謝会への出席については宮本委員長に一任する。

 委員会終了後、横浜市南区中村町にあるNPO法人在日外国人教育生活相談センター「信愛塾」を訪問した。大石文雄理事、福島周理事、竹川真理子センター長より信愛塾の働きについて聞いた。

 信愛塾は、1978年に在日外国人の子どもたちの学習支援から始まり、在日外国人と日本人が出会い交流し、共に支え合い、共に生きる社会をめざす具体的な場として成長してきた。また設立にあたってはクリスチャンの支援があった。現在は、子ども会、学力保障の場としての補習クラス、母語クラス、日本語クラスがある。また、在日外国人の子どもの保護者に対して教育・生活・人権等に関わる相談を行っている。

 当初は在日韓国朝鮮人の子どもが主だったが、今はほとんどおらず中国と東南アジアの方であると聞き、時代の変化を感じた。しかし、いつの時代でも信愛塾の働きは貴重であり、その役割は増々大きくなっていると感じた。信愛塾に関わる全ての人に神様の祝福を祈りたい。(豊川昭夫報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友