【4885号】伝道のともしび 日本基督教団に支えられて 坂口 慶行

 2011年3月11日の東日本大震災を学内のチャペルで行われていた卒業式の中で、私は迎えました。その同じ時期、水戸自由ヶ教会では礼拝堂の瓦が落ち、外壁のタイルが割れ、トイレの浄化槽にも被害を受けました。

 大宮教会の松下建築士の診断を受け、業者の見積もりを取り寄せ、関東教区の被災支援委員会より補修工事の資金援助を受け、また、教会内外の支援を受けて、12月に会堂屋根と内外壁の補修とトイレのリフォームが完了し、翌年1月22日復興感謝礼拝を捧げ、2月13日借入金返済を完了。

 新たに改装された会堂で、礼拝と聖礼典が実行され続けて参りました。小さな規模の教会ですが、力一杯、借入金(99万円)を直ぐに、返済されました。小さいなりにきちんと返済されました。

 水戸自由ヶ丘教会は1973年9月27日に、石坂幸雄牧師と10数名の信徒と共に水戸中央教会より、枝分かれした教会です。それから、37年間石坂牧師の牧会を受け、水戸市内の西部の伝道が成されました。自立した教会形成が成されて来ました。

 2010年4月西上信義牧師を迎え、町の灯台として、町中を照らす教会として歩み続けました。2015年4月坂口慶行教師が担任として赴任、同教師が2016年4月主任担任教師に就任。2017年7月22日西上信義牧師、9月23日石坂幸雄牧師を続けて天に送りました。

 水戸自由ヶ丘教会は聖書に基づき、小さいなりに、み言葉に従った教会形成を目指しております。2017年4月より、月一回近隣の高齢者が教会に集まって、軽い体操、歌声、お茶の時間を2時間に渡って、礼拝堂で楽しい時間を24~26名が教会堂に定期的に集まって参ります。一人で孤独に過ごす高齢者が教会に集まって、楽しい時間を過ごしています。

 その中から、教会に繋がる人が出ますように教会員の全体の祈りを持って1年間を過ごしました。今年3月その高齢者の一人で主日礼拝に出席する方が与えられました。94歳の男性で、キリスト教を勉強したいと主日礼拝に出ています。

 災害に遭って、教団・教区より支えられながら、主によって導かれて、教会としての歩みを続けられています。教会に働かれる主イエス・キリスト、聖霊を味わいつつ、主なる神に支えられ、教団・教区に支えられて、水戸の地で、み言葉をのべ伝え続けます。

 主にお力を頂いて。(関東教区・水戸自由ヶ丘牧師)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友