【4686号】荒野の声

▼「おとなになってしまうと、お互いに〈ただただ〉正直である時は数えるほどしかない。日常生活で真実を口にしても不必要もしくは害になるだけだから、誰もしないというわけだ。今世紀になって宗教が苦労している理由の一つもそこにある。本当に神を見出すには、正直にならなくてはいけない。正直になるためには、まず自分をはっきり見るところから始める必要があるが、それは辛すぎる。」…ジョナサン・キャロル、『空に浮かぶ子供』、創元推理文庫。▼作品を論じるつもりも、作家を紹介するつもりもない。出典を上げたのは、出版上の義務に基づいただけ。文脈も背景も関係ない。▼教団会議室が改装された。しかし議論の方は整然とはならないようだ。相手の顔が見えることよりも、自分の顔が良く見えるように、口の字型のテーブルの真ん中に鏡を置いたらどうだろう。…ますます議論沸騰するだろうか。▼インターネットで全国中継出来ないかと考え、その道に詳しい人に相談したことがあった。「教勢半減を覚悟してね」が答えだった。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友