インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4669号】2009年春季教師検定試験を準備 第35総会期第9回教師検定委員会

2009年2月28日

 

第35総会期第九回教師検定委員会が、一月二六日(月)~二七日(火)、教団会議室において、委員七名全員が出席して行われた。
委員長・事務局報告において、次の通り報告された。第36回教団総会(一〇月二一~二三日)で秋季教師検定試験合格者(正教師五九名、補教師九名)が承認された。第36総会期第一回常議員会において本総会期教師検定委員が選任された。なお、二〇〇九年春季教師検定試験は、慣例通り、第35総会期教師検定委員会である 当委員会が担当することが確認された。
次いで、二〇〇九年春季 教師検定試験の準備を行った。先ず、補教師受験志願者七六名と正教師受験志願者十五名の受験資格を、個別に照合した上で確認した。試験に関しては、次のように協議をし、決定した。先ず、提出物(釈義、説教、神学論文等)の採点結果を突き合わせ、合否判定、再提出等、それぞれを確定した。続いて、学科試験問題を作成し 、決定した。個人面接については、受験者の居住地に配慮し、原則として第一日目が東京近辺以外の受験者、第二日目は東京近辺居住者とすることとした。
また、試験会場である日本キリスト教会館の研修室と教団会議室の用い方について確認した。
また、カトリック教会で叙階された者の教師転入志願の扱いについて協議をした。その結果、前例のないことであり、その扱いについては信仰職制委員会に諮問することに決定した。
受験費用援助に関して、今回申請書を提出した二三件について、これを検討し、承認した。
前総会期の常議員会において教師検定規則第四条が改訂されたことに伴い、委員長・書記等が関係神学校・神学部に訪問したことが報告され、教師委員会の了解のもとで、今後当委員会と関係神学校・神学部との間で協議の時を持つことが確認された。
今回も総数九一名と、多くの受験志願者が与えられたことを感謝しています。受験準備の上に、主の祝福と支え・導きを祈ります。
(倉橋康夫報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan