【4873・74号】統一原理問題全国連絡会 「クリスチャン・トゥデイ」「統一協会」「摂理」について講演

 2017年度「統一原理問題全国連絡会」(以下、「連絡会」)が、10月12~13日、日本キリスト教会館で持たれた。

 1日目の講演Ⅰでは、キリスト教メディアと自称する「クリスチャン・トゥデイ」(以下CT)の問題を取り上げた。CTについては、2008年6月13日付で当時の教団議長山北宣久氏が統一協会との関連を示唆し、「疑惑が解明されない限りキリスト教として同一の線に立つことは出来ない」と表明している。それにもかかわらず、教団関係者の投稿や記事提供などに協力している現状が懸念される。

 今回は「連絡会」有志によって聞き取り調査された元信者の証言を紹介した。証言者は大学在学中に、CTとその関連団体の創設者で統一協会の核心メンバーであった張在亨(「クリスチャン新聞」2013年12月2日号参照)によって、既存の「大韓イエス教長老会」を名乗るよう指示された教会の勧誘で入信し、その活動に従事するようになり、CTで働いた経験を証言した。「連絡会」は、2008年議長声明が未だに有効であること、教団内外の関係者に注意を促す必要性を確認した。

 講演Ⅱでは霊感商法被害弁連の山口広氏が「統一協会問題相談の在り方について」と題して講演し、脱カルト・カウンセリングの重要性と「連絡会」との協力の重要性を語った。

 2日目の講演Ⅲでは「摂理の今後」と題して、2007年に逮捕され投獄された教祖が10年の刑期を終え出獄することが懸念されている「摂理」について講演があった。講師は「摂理」脱会者で、現在は「脱カルト協会」理事でもある杉原輪氏。杉原氏は、自らの「摂理」入信から脱会までの経験を通して、信者としての心理、「摂理」の実態、教祖の出獄への懸念について話した。最後に各教区の報告をし、情報交換をして会は閉じた。 (坂田 進報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友