インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4872号】宗教改革500周年記念・福音伝道大会 「神はわがやぐら」大きな讃美に

2017年12月2日

 雨天、曇天の多かった10月、珍しく晴天に恵まれた9日、「宗教改革500周年記念・福音伝道大会」が東京教区主催、東京信徒会共催によって青山学院大学ガウチャー記念礼拝堂で開催された。東京のみならず首都圏の諸教会にて宗教改革を改めて覚える行事として企画された。3部のプログラムで構成された半日の大会だった。

 1部「記念礼拝」では、出版局理事長・山北宣久氏が「キリストもビックリ、みんなもびっくり—愛への立ち返り」との題で御言葉を取り次いだ。前もって開催案内で知らされた説教題だけでも既にアピールしたが、キリストと、中風の人、4人の友人の出会いに示される驚きと愛に立ち返ることが、宗教改革を過去のものとせず現在進行形のこととして捉えることの根源にあると知らされた。

 2部「記念演奏会」は、バッハ・コレギウム・ジャパンによって行われ、鈴木優人氏がオルガン演奏によって、4名のメンバー声楽ソリストたちと共に、バッハの楽曲を披露した。鈴木氏が曲の合間に入れてくれる解説に導かれて宗教改革で誕生した教会の讃美をたどることができた。演奏会最後には「神はわがやぐら」によって出演者たちと会衆が共に力強い讃美を捧げた。

 3部「交わりのとき」には、夏に行われた教団・日独、日台の両ユースミッション参加者の報告、また来春行われる教団・教会青年大会のアピールがあった。

 出席者822名は東京教区としても大きな大会となり、その内に出席教会名が未記入の方々を126名迎えられたたことにも、参加者一同大いに励まされる伝道大会となった。 (新報編集部報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan