インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4870・71号】部落解放センター運営委員会

2017年10月28日

 9月11~12日、大阪KCC会館5階会議室において今総会期第2回部落解放センター運営委員会が開催された。出席者は運営委員他31名。開会礼拝は宮田誉夫運営委員に説教をしていただいた。

 狭山の取り組みとして15教区(東海、沖縄以外)の取り組み報告を聞き、10月31日の日比谷野外音楽堂での狭山市民集会への参加を喚起した。また、狭山第3次再審の最大の山場を迎えているので、教団、全教会・伝道所に狭山再審の署名を依頼する。

 各報告、各教区報告など様々な取り組みについての報告、2016年度経常・特別会計報告、監査報告、活動献金報告がなされた。2016年度も多くの活動献金を捧げてくださり感謝であった。それぞれの教区がもっと活発に運動をしていけるように、センターと密接に連携していくことが承認された。

 2018年は通年であればキャラバンを行うが、今回は関西で活動者会議を2018年6月頃、関西で行う予定。今迄のセンターの歩みを総括し、今後のセンターの歩みを考える。部落差別問題を理解できる、部落差別問題Q&Aを小冊子にして作成。天皇の代替わりに起こる様々な事と宗教行事について、センターから声明文、または「良き日のために」にコメントを載せる。

 新作解放劇を次年度の教団総会で上演することをセンターとして決め、教団常議員会にお願いすることが承認された。

 一日目の最後に特別講演として、KCC館長の金成元さんに語っていただいた。次回委員会は2018年2月13~14日、場所は東京、教団会議室にて開催の予定。 (平井克也報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan