【4868号】日本基督教団 宗教改革500周年記念事業

リフォユース500中高生大会 

500年目の礼拝を皆で捧げるために

 8月9日から11日にかけて、2泊3日の日程で、日本基督教団宗教改革500周年記念リフォユース500中高生大会が「来て、見なさい」(ヨハネ1章46節)を主題聖句として、恵みシャレー軽井沢を会場に開催された。各礼拝の説教者として、青山学院大学の塩谷直也教師と、北陸学院中学校・高等学校の堀岡満喜子教師が立てられた。

 沖縄から北海まで全教区から、91名の中高生が集められ、スタッフの教職、付き添いの教職・信徒を含めると200名以上の規模での大会となった。

 2014年に御殿場で行われた教団主催の中高生大会以来の再会を喜ぶ参加者もおり、それは教団の若者向けのプログラムが継続性を持っている恵みを表す光景であった。

 今大会のプログラムは、講師の講演を聞いて分団で分かち合うという形ではなく、最終日に捧げられる礼拝の奉仕を参加者が担当するための準備をワークショップで行うという形で進められた。

 参加者それぞれが、招きの言葉の動画作成、賛美のリード、賛美の作詞、手話賛美、聖書朗読箇所の絵、聖書箇所の劇、礼拝全体の司式という7つのグループに分かれて、教職の導きのもと、礼拝の説教箇所であるザアカイの物語に深く入り込みながらワークショップが展開された。

 宗教改革は礼拝改革であり、礼拝に参与するという体験を中高生なりに味わうことを目的とするプログラムが、1日目から始められた。

 プログラム2日目の昼食後は、アクティビティから始まった。屋外・屋内スポーツ、離山へのハイキング、旧軽井沢の3教会を巡る散策と買い物、室内遊びとキリスト教に関するDVD鑑賞、賛美、談話の7プログラムに分かれて過ごし、その後の自由時間でも、夕食まで思い思いに過ごすひとときを持った。スタッフの見守りのもとに、軽井沢の自然に親しみ、緑の中で憩う中で、学年やワークショップを超える交わりを深める機会が与えられた。

 夕食後は、本大会の主題歌を作詞・作曲したシンガー・ソングライター、YURIE氏(深沢教会員)によるコンサートが開かれた。氏の讃美と証しに耳を傾け、共に主題歌を歌って2日目を終えた。

 翌日、最終日の早天礼拝は堀岡満喜子牧師の司式と説教により捧げられた。朝食後に最後のワークショップを持ち、各グループはリフォユース500礼拝に向けて、担当する奉仕の仕上げを行った。10時半から、皆はグループごとにワークショップの成果を主の御前に出しきり、準備した祈りの言葉や手話賛美、ダンスによる賛美、劇による「思いめぐらし」を通して礼拝を捧げた。塩谷牧師は説教で大会の間に中高生から寄せられた質問に答えながら、ルカ福音書19章が語るザアカイが受けた祝福を説き明かした。祝祷と後奏賛美の後、礼拝からの派遣をそのまま解散として、3日間の大会が終了した。
(小林信人・原田裕子報)

 

日独ユースミッション 

宗教改革始まりの地にてキャンプ

 「日独ユースミッション~日独教会青年交流」の訪日・訪独が続けられて16年目になる。2002年、独・ベルリン・ブランデンブルク領邦福音主義教会ヴィットシュトック・ルピン教区の15歳から23歳までの15名と引率者5名を含む20名を2週間に亘り受け入れた。教団全国教会婦人会連合の働きであった。

 第9回目となる本年、教団の宗教改革500周年記念事業の一環として、7月23日~8月8日、4回目の訪独が実現した。15名の参加者、4名の協力委員と共に、私は5名の引率の内の1人として参加が許された。

 今回はホームステイの他、中学生以上16歳未満のユース5名・引率2名が「クリスチャン・ボーイスカウト・キャンプ」(10日間、於シュヴァルツ)に、16歳から25歳までのユース・協力委員1名を含む11名が「国際ユースキャンプ」(8日間、於ヴィッテンベルク)に日独合同チームとして参加した。また宗教改革記念の特別展示を見ることもできた。独側でベルリン宣教会、日本側でウェスレー財団に協力してもらった。

 ルターの宗教改革を記念するこの年、多くのイベントがある中で本ミッションは目立たないかもしれない。しかし日独青年の交流と信仰的成長を願う企画として地道に続けられ、参加者・関係者の尊い賜物によって多くの働きをささげることができ、実りを得ることができた。感謝である。 (片岡宝子報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友