インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4868号】委員会コラム 世界宣教委員会 新しい世界宣教

2017年9月16日

 世界宣教委員会は、教団から宣教師を送り出し、また海外からの宣教師を迎え、諸外国の教会との交わり、種々の世界宣教団体との交わりを担当する、いわば外務省のような働きをする委員会です。傘下に宣教師人事委員会や韓国・台湾・スイスなど各宣教協約を結んでいる教会との交流委員会など6つの小委員会を持ち、総幹事のもとで3人の事務局スタッフによって日常の働きが進められています。

 東日本大震災からの復興・再建のために海外の教会からの支援と連帯の力強い働きによって、教団はまさに世界に広がるキリストの体に連なっていることを実感しました。教団の海外教会との絆や海外宣教への取り組みは新しい世紀を迎えています。アメリカや西欧の教会だけでなくアジアやアフリカ、中近東の教会との交わりも欠かせません。教団がどのように世界の教会と宣教において連帯して行くか、新たなる基本方策作成の必要に迫られています。

 世界宣教の働きの関心や重要さへの認識をどのように深め広げてゆくかが課題です。教団から派遣する宣教師については、それぞれ支援委員会を作って働きが支えられています。その労苦や喜びが国内の教会の宣教の視野を広げ、励ましを与えるはずです。担当委員や支援委員会の枠を超えて関心が広がるため、各教区との連携や各教会に情報が伝わるよう努めます。 (秋山 徹 世界宣教委員長)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan