インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4841号】♦宣教師会議♦東日本大震災被災地を覚え、仙台にて開催

2016年5月28日

 3月28日〜30日、初日は仙台青葉荘教会を会場に、2日目と3日目はエマオ仙台を会場に、約45名の参加者を迎えて、「宣教師会議2016」が開催された。

 この宣教師会議は、世界の諸教会から日本基督教団内の教会や関係学校、関係施設等に遣わされている宣教師たちが集い、毎年開催されている。アメリカ、カナダ、スイス、ガーナ、韓国、台湾等、その出身国は多様であり、派遣団体(教派)も様々異なる。最近は英語圏以外の国々から派遣される宣教師の数も増加しつつあるため、会議は日本語と英語のバイリンガルで進められる。

 初日は、会場教会の潮義男牧師を説教者に迎えた開会礼拝に始まり、夜のプログラムでは、朴美愛宣教師の証しを通し、私たちの思いを超えて働かれる神の導きを痛感し、小グループ毎の交わりと祈りのひとときを持った。

 2日目は、朝のエマオ・スタッフミーティングの祈りを共にした後、東北教区放射能問題支援対策室いずみの篠原弘典顧問と会津放射能情報センターの片岡輝美代表を講師に迎えてのワークショップとグループ討論を持ち、放射能汚染の問題とそこから生じている痛み、苦しみを重く受け止めた。

 夜はエマオ・ボランティアたちと共に夕食を囲んだ後、宣教師会議参加者はエイブラハム・キスト岡崎宣教師のリードで交わりと小グループ毎の分かち合いの時を持ったが、東日本大震災時を経験し、震災後の困難な状況の中、敢えて日本に留まる決意をした宣教師もいたことを知らされ、心から感謝した。

 3日目は、クラウディア・ジュノン山本宣教師の司式で逝去宣教師追悼式を持ち、短い協議の後、ティモシー・ボイル宣教師を説教者に、クラウディア宣教師を聖餐司式者に迎えて恵み豊かな閉会礼拝を献げた。

 最後に秋山徹世界宣教委員長より、2015年度に隠退したボイル宣教師、ディビット・マーチー宣教師へ、教団からの感謝を表した。
(西之園路子報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan