【4836・37号】▼教育委員会▲ 教区教育担当者会、教会教育セミナー開催

 2月2日~3日に高知東教会と高知教会を会場にして、第4回教育委員会を開催した。出席者は委員5名と事務局2名。

 事務局報告、「教師の友」編集委員会報告、ユースミッション日独2015報告を受けた。8月13日~20日に行う台湾ユースミッション2016について報告と協議を行った。台湾から7名の青年が日本に来る。日本からも7名の青年の参加者を募集する。求道者も可だが牧師の推薦が必要。各教区と台湾基督長老教会から日本に来ている宣教師には案内する。

 委員会の直前に行われた教区教育担当者会と教会教育セミナーの反省をした。教会教育セミナーには子どもを含めて49名の参加があった。

 宣教委員会報告、常議員会報告を受けた。宗教改革500周年記念事業としての中高生大会、青年大会の第1回実行委員会が1月27日に行われ、その報告を受けた。中高生大会は2017年8月9日~11日に軽井沢恵みシャレーで行う。青年大会は2018年春に青山学院で行う予定。

 キリスト教教育主事認定試験について今回は受験希望者がなかったので実施しない。教会学校応援セットについて応募のあったものを審査し承認した。3月初めに発送する。教団教育委員で手分けして教会学校応援セットを送付する教会を訪問する。教区青年担当者会は9月5日~6日に大阪の東梅田教会で行う予定である。

 2016年度教団教育委員会予算を審議して承認した。日本キリスト教団教育委員会フェイスブックを立ち上げた。まず教団教育委員会関係のニュースを載せる。幼稚園融資の件で5月の教団新報に公告を載せる。(有澤慎一報)

 

《教区教育担当者会/教会教育セミナー報告》
 2月1日~2日に高知教会を会場にして、教団教育委員会主催の教区教育担当者会と教会教育セミナーを行った。

 1日目、午後2時よりまず教区教育担当者会を行った。各教区(東京教区は各支区)より14名の教育担当者と教団教育委員5名、事務局2名の参加があった。開会礼拝の後、自己紹介とオリエンテーションをし、資料に基づき各教区の教育活動について1人10分程度の報告を受け、意見交換をした。CS子ども大会、中高生キャンプ、CS教師研修会などの活動の他に合同運動会をしている支区もあり、それぞれの教区や支区で工夫して活動がなされていた。

 午後7時から高知分区のCS教師にも参加を呼び掛けて、教会教育セミナーを行った。講師は筧伸子さん(教団教育委員、茨木東教会キリスト教教育主事)。「ペンテコステを楽しく祝おう!」というテーマで、式文に基づき、ペンテコステ全科合同礼拝を、全員参加で行った。大人がこどもになったつもりで役割分担し、途中の讃美歌のところでは、リコーダーで演奏した。また打楽器を叩きながら、聖霊のシンボルである赤いリボンを手につけ、振りながら礼拝堂の中を行進した。実際、参加して体験すると本当に楽しかった。参加者49名。

 2日目は、高知教会と深い関係にある清和学園女子中学校・高等学校を訪問し、朝のチャペル礼拝から参加した。今、少子化の影響で生徒数がちょうど100名。職員は全員クリスチャン。少人数のゆえに密度の濃い授業がなされ、先生と生徒、生徒どうしのつながりが強い印象を受けた。学校を存続していくためには、どうしても生徒数を増やさないといけない。そのための努力がなされていた。ぜひこういう素敵な学校に中高生を送ってもらいたいと思った。2日目昼で解散した。(有澤慎一報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友