【4818号】荒野の声

 本号が発行される頃には落ち着いているか。それとも杉が終わり桧か。花粉症だ。例年、5月連休後まで引きずる。ところが今年は思いがけず軽い。この季節は、目、鼻、のどをやられ、ときには風邪のように寝込むこともあった。憂うつな季節だ。▼まわりにいる同じ症状の先輩、後輩、今年は特にひどい、と言う。しかし、中には今年は軽いね、と言う仲間もいる。例年のように薬を飲みはじめ、目薬を注した。それに加えて、今年、花粉症を軽くするということをいくつか試みてみた。それが良かったのか。わからない。あれこれやってしまうと、何が良かったか、わからなくなる。▼古の伝道者は言った。パンを水に浮かべ流してみよ、月日がたってから見出すこともあろう、と。語った説教が思いがけない仕方で会衆に聞かれていることに出会すことがある。説教者が会衆をコントロールすることができるとしたら空恐ろしいことだ、と気付かされる瞬間でもある。思いもかけない人からの洗礼の申し出に立ち合うこともある。主の救いの御業を目にする、ほんとうにうれしい瞬間だ。あれが良いか、これが良いか、わたしたちにはわからない。主のため何でもする心の備えを持ち続けたい。▼来年も同じ取組みをしてみよう。そうしたら花粉症に何が良かったか、わかるかもしれない。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友