【4793・94号】人ひととき 亀山卓也さん・明美さん 野菜売りの証し人

 亀山卓也さんが初めて教会に行ったのは、中学生の時に父親が牧師という友人にクリスマスの聖歌隊に誘われた時だった。きつねうどんで釣られたことは大きな声では言えないが、それから教会に行く機会はなかった。

 もともと八百屋のせがれで今は四国の山野を駆け巡って野菜の仲買を生業としている。四国の野菜や果物がどこで生産されているか熟知している。注文があれば山の頂上であろうと嵐であろうとどこへでも行く。

 はじめから今の仕事をしていたわけではない。香川県内の高校、短大で商業科の教師として教鞭をとっていた。今でこそ温和でユーモアたっぷりだが強面で生徒たちをビビらせていたという。今でも当時の生徒たちとの交わりを持っていることから慕われていたことが伺える。

 それから家業の八百屋を明美さんと共に継いだ。だが時代の流れに翻弄され倒産した。その日の食べる物にも困るほど逼迫した生活の中で人生を終わらせようと考えたこともあった。

 迷い出た羊のように彷徨っている時に辿り着いたのが坂出教会だった。その時から明美さんと共に夜の祈祷会に出るようになった。信太牧師と出会い聖書を学ぶ中で今まで生きて来た自分の人生がひっくり返された。学ぶ度に目から鱗が落ちた。目から鱗が落ちる度に心が洗われていった。すべてが神さまの御心に適って恵みとして備えられていたことを知り受け入れた。2012年イースターに夫婦で洗礼を受けた。仕事の都合で礼拝を献げられないことが多いが、祈祷会は休まず出席している。

 亀山さん夫妻はどこに行っても伝道する。時には牧師を連れていって紹介する。四国全土がその伝道範囲と言っても過言ではない。(株)オーガニックグリーンは全国どこへでも安くて安全で安定した野菜や果物と共にイエス・キリストの愛と恵みを運んでいる。

卓也さん1957年香川県生まれ。明美さん1962年香川県生まれ。共に2012年坂出教会にて受洗。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友