【4575号】人ひととき 及川美穂子さん

キリスト教保育者として立てられて

美穂子さんは、今年、キリスト教保育者として立てられて六〇年を迎える。
美穂子さんは、はじめから保育者を目指したわけではなかった。文学、特に国文学に魅せられて青山学院の文科に進んだ。しかし、戦争末期の学校では学問を学ぶことは能わなかった。軍事工場、農家での勤労奉仕に明け暮れた。八月一五日が過ぎて、九月にわずかばかりの補習があって卒業ということに。母の故郷に帰省していた折、岩手・水沢教会の保育園での働きの道が開かれた。
保育を専門には学んでいない。試行錯誤のスタートだった。二〇名弱の子供たちを一人で保育した。終戦直後の混乱期、食料面でも、衛生面でも課題が多かった。けれども、美穂子さんには体に染み付いたキリスト教、そしてこの信仰に根ざした保育があった。父、佐野源一郎牧師の転任に伴い、結婚までに四つの教会を経験した。磐井クリスチャン教会、目黒クリスチャン教会、奥沢教会、水沢教会。美穂子さん自身は、目黒クリスチャン教会で幼稚園入園を迎える。また奥沢教会では、日曜学校を通して教会に多く集っていた青年たちから良い感化を受けた。そのような幼児期、少女期のキリスト者との触れ合いが、美穂子さんの保育者としての土台を築いた。水沢教会では、生涯の伴侶となる泰夫氏との出会いがあった。泰夫氏の三鷹・相愛教会着任とともに美穂子さんの武蔵野の地での生活がはじまり、以来五〇数年をこの地で過ごすことになる。
美穂子さんが幼稚園教諭として最初に就任した相愛幼稚園も、後に転任した三鷹小鳩幼稚園も、所謂、教会付属ではない。伝道という面では難しさもあった。しかし、園児が祈りを覚えてくれるのは大切なことと思ってきたと美穂子さんは言う。子供たちの祈りを書き留めた母親たちのメモをうれしそうに見せてくれた。園長を務める幼稚園は創立五〇周年を迎える。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友