【4581号】「聖礼典執行」めぐり激論 西東京

五月二九日から三十日にわたって、第十三回西東京教区定期総会が国分寺教会において開催された。横山幸夫牧師の説教による開会礼拝の後、議員総数二百二名中百三十名の出席が確認され、開会が宣言された。准議員承認、組織会、議事日程承認と続き、教団問安使山北宣久教団総会議長の挨拶を受けた。議場からは、「セクシュアル・ハラスメント問題」について言及がないことや「合同のとらえなおし」について説明不十分であるとの指摘がなされた。また、挨拶文中の「正しい聖礼典執行」について、議場から質問がなされ、議論が交わされた。
村田元関東教区副議長による新潟中越地震被災支援感謝の報告をはじめ来賓挨拶の後、議事に入った。教区議長報告についても様々な質問が議場からなされた。沖縄との交流ツアーが実行できなかった点について、久山康平議長は、信徒による交流を重んじて計画を進めたが、調整が難しかったと答えた。また、教団総会の報告がないことについては、西東京教区として統一した参加をしたのではなく、一人ひとりが教団に関わったと認識しているからである、と説明した。
次に久山議長は、諸報告を続けながら、議長と副議長選挙に入ることを、議場に諮り了承を得た。即座に選挙が行われた。議長には吉岡光人(吉祥寺)、副議長には若月健悟(国分寺)が選出された。書記は、正副新議長が相談して、翌日指名することになった。
夕食休憩の後、常置委員選挙が行われた。吉岡議長は、二〇〇四年度教区剰余金処分の件まで上程したところで、一日目の議事の終了を告げた。常置委員選挙の開票は、翌日となった
二日目は、追悼式と四月に教区に着任した教師の紹介を行った後、書記の選出が行われた。道家紀一(井草)が正副議長から指名を受け、議場は承認した。続いて准允式の件が直ちに諮られた。次の三名の教師が承認され、准允を受けた。
北川善也(阿佐ヶ谷)、中西碧(八王子栄光)、吉岡喜人(南三鷹)
昼食休憩を挟んで、各報告審査委員会の報告を受け、決算も含めた二〇〇四年度諸報告が承認された。 次に、二〇〇五年度各部委員の選任、各部計画、予算の審議に入り、若干の質疑の後、可決された。小休憩の後、「土地建物特別会計規則変更の件」「北海教区との宣教協約の件」の審議が行われ、原案通り可決された。最後に、吉岡議長の司式による閉会礼拝をささげて、総会を閉じた。
常置委員(半数改選)
【教師】真壁巌(相愛)、久山庫平(南三鷹)、山畑謙(小金井緑町)
【信徒】高橋豊(白鷺)、小中乃芙子(永福町)、川原正言(南三鷹)
(道家紀一報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友