インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4584・85号】隠退教師を支える運動

2005年8月13日

去る六月一五日~一六日、教団会議室にて標記の会を開催した。出席者は各教区と東京各支区の推進委員及び事務担当の二八名。それに教団総幹事竹前昇氏、年金局理事長小林貞夫氏、同業務室長青地恵氏の三名にも陪席を得て、合計三一名であった。
開会礼拝で、竹前総幹事より「霊の賜物」(第一コリント・一二章一~一一節)と題する説教があった。
多田信一委員長、小林年金局理事長の挨拶に続いて、二〇〇四年度の事業報告、決算報告などを承認したあと、年金局業務室長より「教団年金の現状」について詳しい説明を聞き、改めてその厳しさを認識した。
その後各推進委員から活動報告を聞いた。例えば教区内の諸教会を訪問して、丁寧に説明して推進活動に励んでいる委員、或いは教区や支区、地区などのあらゆる集会に出かけて行ってアピールをしている委員。ある教区委員からは「話を聞きたいから来て欲しい」との要請に応じて、その教会、地区の集会に出席して説明をしたなど、それぞれ参考になる報告があった。
しかし、昨年の教団総会で「教団年金危機打開に関する件」が否決されて以降、「隠退教師を支える運動」にとっても、新しい課題が与えられていることも報告された。目標である「参加教会七〇%」を目指して祈りつつ推進に励むこと、また運動の裾野を少しでも広げることと推進運動の継承の大切さなども話し合った後、閉会祈祷を以って終了した。
(多田信一報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan