【4584・85号】平和聖日メッセージ

平和聖日はこの年、敗戦六〇周年ということもあってさらに重みと深さを味わされます。
ただ時間的節目ということだけではありません。憲法九条の改悪を軸とした平和憲法を破棄せんとする勢いがあり、教育基本法の改悪や日の丸・君が代の強制による自由の侵害、さらには首相の靖国神社参拝や過去の歴史理解の低さによる中国・韓国から投げかけられている不信感等々、平和に生きることを妨げる問題性の中にあって平和聖日を憶える意味は大きいのです。
平和は私たちが守るべきものに思われがちですが、実は平和が私たちを守っていることに思いを致さねばなりません。
「あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう」。(フィリピ四章七節)
神の平和に支えられてこそ、当面する平和を妨げる課題に向かい、取り組むことができるのです。
平和は平和運動というかたちをとったとしても抵抗運動、反対運動というスタイルだけを意味するものではありません。
一人一人が神の平和によって心と考えを守られて、平和をつくり出すわざへと召されていくのです。
従って礼拝を捧げること、伝道へと遣わされていくことは、平和運動に携わっていくことになることに自覚を旺盛にして行きましょう。
二〇〇五年八月七日
日本基督教団総会議長
山北宣久

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友