【4593号】教区コラム 西東京教区

教会を生み出せる教区に
吉岡光人

西東京教区では毎年秋に、信徒・教師がともに学び議論する『教区伝道協議会』を開催しています。今年は「開拓伝道」についてのテーマで行われました。教区内の約四分の三の教会・伝道所が一九四五年以降に設立されており、比較的歴史の浅い教会が多いのがこの教区の特徴です。また三〇年ほど前から人口の激増した八王子・町田などの市部にはまだまだ教会のない地域が多く、東京教区西支区時代から開拓伝道の必要性が叫ばれていました。西支区が教区になりたいという願いを持ち続けてきたのも、そうしたことが背景にあります。そのために支区時代から「親教会群伝道」による伝道協力体制や「伝道互助制度」などを整えてきました。
一方、礼拝出席者の減少傾向、経済的な困難さなど、各個教会の現実も大変厳しいものがあります。このような時に開拓伝道ということがらを話し合うことは、各個教会の現実を反映したものになっていないのではないか、という批判も当然でてきています。「そうした厳しい現実を見据えつつ、なお、教会を生み出すという宣教論的な意義を確認しよう」、協議会の参加者の中にはそのような熱い思いがあふれていました。とりわけ信徒の方々の熱心さに教師たちが大変励まされました。講師から「幻がなければ民は堕落する」という箴言の御言葉が示されました。互いに厳しい現実を認め合いながらも、幻を追い求め続け、主の教会を建てる教区でありたいと願っています。
(西東京教区総会議長)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友