【4605号】出版局ニュース

★新刊から
『歴史の狭間を生きる』〈李仁夏〉戦争が暗い影を落とす一九四一年に余儀なく日本の中学に留学。教会と地域に仕えつつ、「寄留の民」として差別と向き合い、共生社会を目指して「和解の福音」に仕えた感動の記録。四六判・二三一〇円
『キリスト教徒が生きたローマ帝国』〈松本宣郎〉キリスト教公認以前のキリスト教徒は、「迫害」の中で死と隣り合わせの日々を送っていたのであろうか。彼らの実態を、社会史の観点から丁寧に紐解く。四六判・二五二〇円
『初期キリスト教の礼拝–その概念と実践』〈P・F・ブラッドショー、荒瀬牧彦訳〉教会の最初の数世紀に、キリスト者たちはどのような儀式を、なぜ行ったのか。時代背景と地域性から説得力のある叙述で考察し、その起源と展開を探る。四六判・二六二五円
『講座 日本のキリスト教芸術』全3巻〈刊行開始〉
日本の文化に溶け込み、固有の芸術として開花した、日本におけるキリスト教芸術の証しを体系的に捉え直し、検証する。(1)音楽=横坂康彦・編・四六判・二六二五円/(2)美術・建築=神田健次・編/(3)文学=富岡幸一郎・編
『日本の説教 第Ⅱ期』全14巻〈刊行開始〉日本のプロテスタント教会の特筆すべき遺産を、今改めて学び直し、問い直す。
〈既刊〉(1)小崎弘道=解説・鵜沼裕子・四六判・二六二五円/(2)賀川豊彦=解説・雨宮栄一・二六二五円/(4)大下角一=解説・原 忠和・二六二五円/(5)浅野順一=解説・関田寛雄・二五二〇円/(6)島村亀鶴=解説・新堀邦司・二七三〇円/(7)大村 勇=解説・大宮 溥・二六二五円
〈続刊〉(8)福田正俊=解説・池田 伯/(12)北森嘉蔵=解説・朴憲郁 他
★特価期間六月末終了です
『キリスト教礼拝・礼拝学事典』〈今橋朗・竹内謙太郎・越川弘英=監修〉特価八九二五円(通常価格九四五〇円)*分野別全収録項目一覧表出来!キリスト教書店または、出版局ホームページへ。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友