インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4622号】教区コラム 東海教区

2007年3月17日

無効です

北 紀吉

「無効です」、昨年一月二七日に信仰職制委員会よりいただいた答申です。東海教区常置委員会が、教区決議が教憲教規に違反している場合、その決議は有効か無効か問うた答えです。
今まで、教憲教規を軽んじる傾向がありました。教区総会で決めればその決議が何よりも優先するように思っていた節があります。このことは教会決議にしても同様です。果たして教区決議や教会決議が教憲教規に勝るか。「無効です」との答申で明白です。
昨年の教団総会前の常議員会で兵庫教区の決議が教憲教規に違反するとして無効と確定し、兵庫教区は按手礼式をやり直しました。また、総会においても何ら異議が唱えられませんでした。まさしく、教憲教規に違反する教区決議は無効であることが現実のものとなりました。
また、今総会期第一回常議員会で山北議長は今期の運営については、教憲教規に基づいてなすことを明言しました。教団は決議が教憲教規より優先するのではないことを確認した(もちろん教憲教規変更の手続きを経れば問題は無い)。教憲教規に基づいてとは、字義通りとは思っていない。教憲教規が言い表している教会を意味し、私共はその教会を信じるということである。
聖餐の一致は最早無い。信じている教会が違うとすればひとつの組織体であることに無理がある。お互い袂をわかって信じる道を行くしかない。欺瞞はそろそろ終わりにしたらよい。
(東海教区総会議長)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan