【4625・26号】日北米宣教フォーラムにて

プロテスタント伝道開始以後ほぼ一五〇年。日本で何人の宣教師が活動されたことか。戦後の一番多い時は、全国で六百名の宣教師が活動されていたと聞くが、現在は約九〇名。
三月二七~二九日、青山学院で旧・日北米宣教協力会(通称JNAC)から、各々の代表約六〇名が集まり、フォーラムを開催。
これは二年前に、JNACが解散したが、これまでの関係で与えられた賜物などを双方が継承しつつ、今後、何を共有できるかを探る第一回目のもの。
日本伝道の多くの部分は、宣教師の働きによることは周知のことであるが、このフォーラムで、個人的に次のことを知らされた。
それは、JNAC解散の前年に、かつての感謝とお礼を兼ねて、山北宣久議長と、当時の世界宣教委員会・大宮溥委員長が北米各教団を訪問された時、「教団の代表が、直接来てくださったのは初めてです」と二教団から言われたようだ。
一瞬「エッ」と思ったが事実らしい。確かに、お礼に行く余裕もなかったかもしれないが、やはりどう考えても礼を失したとしか言いようがないように思われる。
と同時に、これは、かつての教団代表のことでなく、今の私たちが、様々な犠牲を払って宣教師を派遣して下さった北米教会にどこまで感謝しているか、と問われたことでもある。
過去への感謝があってこそ、確かな未来が作られる…。
(教団副議長 小林 眞)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友