【4635号】合意文書

第2回日本基督教団と在日大韓基督教会との宣教協議会
合 意 文 書

私たち在日大韓基督教会(KCCJ)と日本基督教団(UCCJ)は、2007年7月23日から24日まで、「第2回日本基督教団と在日大韓基督教会との宣教協議会」を、代表48名が参加する中、日本基督教団東梅田教会において開催した。主題「100周年を迎える在日大韓基督教会と日本基督教団の宣教協力の展望」のもと行われた。今回の協議会では、2008年に宣教100周年を迎えるKCCJの歴史やこれまでの両教会の宣教協力の事例に学びつつ、これからの両教会の協力関係のあり方について展望した。また、日本社会の現状、とくに憲法および教育基本法の改定の流れや、在日外国人をめぐる状況を踏まえつつ、共同の宣教課題について協議した。
私たちは、1984年に宣教協約を締結して以来23年間にわたり、個教会、教区・地方会、総会レベルにおいて豊かな交わりが与えられてきたことや、在日コリアンの人権の課題、とくに、外登法の指紋押捺撤廃運動や「外国人住民基本法案」の制定運動といった課題を共に担うことを通して、協約関係の実質化がなされてきたことを確認した。私たちは両教会の交わりを導いてくださった主に深く感謝する。これからの両教会の協力関係をより深化させるために「宣教協力にあたっての指針(1996年12月2日確定)」を確認し、具体化する。私たちは、この時代にあって主の召しに応え、福音宣教に励み、宣教協力をなす。主から与えられた共同の宣教課題を担うために、私たちは以下のことに合意した。

1. 両教会は共にKCCJの宣教100周年を祝い、KCCJの歴史を学び、深める。
◎UCCJは、募金活動などによってKCCJの記念事業を積極的に支援する。
◎両教会の歴史について、共同で資料収集し、研究を行う。
2. 両教会は、交流をさらに深める。
◎KCCJの教会のない地区においては、教区・地方会・地区間において交流を模索し、実践する。
◎神学生の夏期伝道などの実習交換を奨励する。
◎青少年を含む信徒間の交流を促進する。
3. 両教会は、平和といのちの主に仕える。
◎平和憲法を堅持するために祈り、さらに行動する。
◎両教会は、「平和メッセージ」を毎年8月に共同で作成し、各教会に発信する。
4. 両教会は、神の国を待ち望むものとして共生社会を目指す。
◎両教会は、在日外国人を排斥する言論および行動を批判しつつ、在日外国人に対する理解が深まるように努める。
◎両教会は、指紋制度の復活を含む外国人管理制度である「出入国管理および難民認定法」の問題点を共有し、その抜本的改正に向けて行動する。
◎両教会は、「外国人住民基本法案」の制定のために働く。個教会レベルでの学習会や国会請願署名運動を積極的に推進する。
5. 今後の課題
◎両教会の讃美歌から平和などをテーマとした讃美歌を選出し、韓日対訳の讃美歌集を編纂する。
◎「宣教協約の日」を設定し、共同の式文を作成して用いる。
6. 今後の宣教協議会の開催に関しては、宣教協力委員会に委ね、5年以内に開催するように努力する。

2007年7月24日
第2回日本基督教団と在日大韓基督教会との宣教協議会参加者一同

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友