【4649・50号】教区担当者会・セミナーを終え 教育委員会

第35総会期第五回教育委員会が三月四日(火)、五日(水)の両日、高知黒潮ホテルを会場にして開催された。岸憲秀委員長から「ユースミッション2008」については、主題が「主にあって共に歩む」に決定したことが報告された。
後半の関西での日程及びプログラムが確認され、実行委員会に新たにネイサン・ブラウネル宣教師が加わることが報告された。
「教会学校応援セット」には四教会・伝道所から応募があり、その応答は担当者、書記、委員長に一任された。どのようにアピールするかが今後の課題である。
協議では三月三日(月)、四日(火)に南国教会と香美教会を会場にして行われた「教会教育セミナー」と「教区担当者会」の反省を行った。「教会教育セミナー」は今回が初めての開催であったが、参加者六一名中、高知分区から十一教会三七名の参加者が与えられたことは感謝であった。ほとんどは教会学校教師であったが、講演に「励まされた」との声を多数いただいた。
一方、「教区担当者会」については、案内文での内容についての説明が不十分であったため、出席者が事前に何を準備すべきかが不明確であったとの反省がなされた。   (加藤誠報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友