インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4658号】在日大韓基督教会との関係について意見交換 第4回在日韓国朝鮮人連帯特設委員会

2008年9月13日

第35総会期第四回在日韓国朝鮮人連帯特設委員会が六月二三日教団会議室で開催された。
前回議事録承認の後、 二〇〇七年度宣教方策会議及び在日大韓基督教会『宣教100周年』第十四回人権シンポジウムの参加報告を受け、教団と在日大韓基督教会との関係の在り方について意見交換をした。
関東地方会議長が東京教区総会での挨拶で、在日大韓基督教会が教団第1部に所属した事に触れられ、当時の資料を集める必要を感じたこと、また、大阪教区総会ではKCCJ宣教100周年を記念して関西地方会を招き、戦前の一時期日本語を強要したことを覚えて韓国語で開会礼拝を捧げたことが報告された。
次に、二〇〇七年度決算、二〇〇八年度予算案、総会報告資料について審議、決定をした。
また、教団総会に当委員会の設置継続議案が提案されるように常議員会に提案することを決定した。
今後の活動については
◎「外国人住民基本法」制定国会請願署名用紙を教団総会資料に封入する。
「外国人指紋」制度の中止を求める要請署名を教団総会会場で集める。
在日大韓基督教会「宣教100周年」記念事業に対する協力献金の依頼を再度各教区宛振込み用紙を添えて送付する(現在献金高約四〇万円)。
◎第十八回キリスト教学校人権教育セミナーに委員長を派遣する。
◎その他外キ協発行〈日・韓・在日教会共同ブックレット〉「歴史をひらくとき-共に生きる世界・2008」(定価千円)の扱い、旧日本軍「慰安婦」支援献金募金の総括、平和メッセージを在日大韓基督教会と合同で発表すること。
等について協議し、次回を九月一日に予定して閉会した。
(土井桂子報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan