【4784・85号】世界教会協議会 韓国・釜山総会開催に向けて 2013年10月30日~11月8日

 世界教会協議会(以下WCC)第10回総会が2013年10月30日から11月8日まで、韓国・釜山で開催される。

 WCCは信仰と聖餐の交わりにおける目に見える一致を目指し、共に礼拝しキリストにあって共に生きる諸教会の共同体として1948年にアムステルダムの第1回総会において創立された。創立時は加盟教会の大部分がヨーロッパと北米の教会だったが、現在は110カ国以上の国と地域の、349の教団および教会の連合体によって構成されている。正教会、聖公会、バプテスト、ルーテル、メソジスト、改革派、合同教会の多くが加盟しており、信徒数の合計は約5億6千万人である。

 総会はこれまで7年に一度開催されてきた。釜山での第10回総会は824名の議員をもって「いのちの神よ、わたしたちを正義と平和へと導いてください」を主題として開催される。10日間の日程のうち、土日を除いて朝の9時から聖書の学びに始まり、夜の8時まで連日会議が続く。

 今回の総会の特徴は、4日間連続で午後に「マダン」(韓国語で庭)というプログラムが入っていることだ。これは選考を通過した各国の参加者(投票権のある議員ではない)によるワークショップである。もう一つの特徴はエキュメニカル・カンバセーションというプログラムに見られる。これは宗教間対話を意識しつつ、自分たちとは異なる歴史を持つキリスト者との対話の時間である。

 会議である以上、150名の中央委員の選挙、その中から8名のプレジデントの選挙がある。特にプレジデントは過去、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、中南米、中東、北米といった地域を意識して選出されてきた経緯がある。

 そして10回という節目の総会として、「教会・共通のビジョンを求めて」という文書に集約される合意形成が協議される。

 日本基督教団からは、伊藤瑞男副議長、秋山徹世界宣教委員長、加藤誠世界宣教幹事、3名の参加を予定している。(加藤誠報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友