【4673・74号】寄留の人々の群れ

SJCFという主にある群れをご存知であろうか。これはシンガポールにある主の共同体SINGAPORE JAPANESE CHRISTIAN FELLOWSHIPの略 である。
その ミッションステートメントには「SJCFは、主イエス・キリストを主と受け入れた私達が、このシンガポールの地でキリストにより、一つの体とされた信仰者の群れである教会です。エペソ 4 章16節」とある。
この度、お招きをいただき 4 日間で 5 つの集会を担当し、交わりをなしえた。
折しも経済情勢の悪化等により日本に帰国する家族が続出する中ではあったが、活発な活動を展開している様子を目のあたりにすることができた。
会堂を持たぬゆえ、聖日は午後 3 時から 2 時間、セント・ジョージ教会を提供していただき礼拝を守っている。
往時は百人を越える出席者があったとのことだが、現在は50〜60人、それでも聖歌隊奉唱者をはじめ、積極的参与により力強い礼拝が捧げられていた。
受洗者も 6 名が与えられたとのこと。初代教会のような生きた交わりの結実を見た。
信徒が自覚的に奉仕し、家庭を開放し祈りと心を合わせる姿勢は「寄留者が元気を回復するため」(出エジプト23章12節)に協力するシンガポールの人々と共に世界宣教の幻を掲げている。
教団の参与は少ないと聞いた。ここにも開かれるべき課題がある。
(教団総会議長 山北宣久)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友