インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4671号】教区コラム 西東京教区

2009年3月28日

教区設立十年にあたって
吉岡光人

西東京教区は一九九九年に発足しましたので、今年で教区設立十年を迎えます。今年六月には十周年記念の礼拝が予定されており、この十年の歩みを小冊子にまとめる準備を進めています。西東京教区は決して順風満帆で始まったわけではありませんし、現在でも課題はたくさんあり、教区形成の大変さを皆が実感しています。しかし、信徒・教職の祈りと熱い思いが教区活動を推進させ、また他教区の方々からの励ましも頂き、今日まで来ることができました。これからの十年は更に様々な問題に直面することでしょうが、主は必ずその民を正しく導いてくださるとの信頼を持って、教区形成を進めてゆきたいと願っています。
教区設立の大きな動機は「教会を生み出せる教区になる」ということでした。残念ながら未だに目に見える成果は得られていません。むしろ解散・合併・離脱などで教会数は設立時よりも減りました。数年前から「教区が直接開拓伝道をしよう」と意見が出され、学びと協議、調査など重ねてきました。そして昨年秋から立川駅近くのレンタルスペースを使用して、「立川夕礼拝」を始めるに至りました。毎回二〇名から三〇名程度の出席が見られます。多くは教区の信徒ですが、他教派の方もおられます。求道者もおられます。嬉しいことにその中から教区内の教会で洗礼を受けるに至った方もおられます。今度どのようにしてゆくのか、主が示してくださることを祈り求めているところです。
(西東京教区総会議長)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan