インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4779・80号】委員会コラム 社会委員会 

2013年8月17日
様々な思いに信仰の光を当てて
釜土 達雄

社会委員会は宣教委員会のもとにある常設専門委員会の一つです。その扱うべき課題は教規によって定められています。
その中でも特に、「社会福祉事業団体との協力および連絡」に関しては、日本キリスト教社会事業同盟と日本キリスト教保育所同盟との関係を、特に大切にしています。社会委員会からそれぞれの団体に理事をおくり、日本キリスト教社会事業同盟からは社会委員を迎えています。
また「その他社会問題に関する事項」では、命に関わる諸問題が、継続的に取り組まれてきた課題です。今後も社会委員会として継続的に取り組んでいきたいと願っています。
社会的な課題は、多岐にわたります。普遍的な価値として啓発が必要な課題もあれば、様々な立場を尊重するが故に、論争となる課題もあります。具体的な課題を担うが故に、継続的な活動が必要な課題がありますし、継続的な支援が必要な課題もあります。人は社会的な存在であり、人は政治的な課題の中で生きています。様々な思いに信仰的な光を当て、課題を担っていきたいと願っています。
「社会活動基本方針」の見直しも長年の課題です。けれども、この課題は教団全体の事柄ですから、社会委員会としては、常議員会及び総会で示された方針に従い、取り組んでいきたいと願っています。
いかなる場合でも、宣教委員会のもとにある社会委員会が、教務機関の一つであることを忘れてはならないと思っているのです。
(社会委員長)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan