【4775号】人ひととき 西村 大吉さん

機動的にキリストに仕える

ジャケットの下にはタイトな黒いシャツ、足元は動きやすそうなスニーカー、何かあったら直ぐに駆けつけられそうな出立ちで教区総会に出席する西村大吉さんは、かつて機動隊員だった。愛媛県の久万で育ち、上京して警視庁で働いた。大学紛争があった時で、特別機動隊に配属され、成田や浅間山荘にも行った。現場に赴く時は、「やはり怖かった」という。逃げ遅れて命を落とした同僚もいる。部隊から外れないように必死だった。
教会と接点が無かった西村さんが信仰を与えられるきっかけとなったのは、熱心なクリスチャンである聖子さんと結婚したことだった。教会で、御言葉を聞き、衝撃を受けた。この世の法では、心に思うことは自由である。しかし聖書は、心に思うことも罪と言い、右目、右手を失ってでも、神の国に入る方が良いと語る。自らの罪を知らされると共に、キリストの愛を受け止めた。44歳の時、福音派の教会で受洗した。
受洗してからの西村さんの歩みは、平坦なものではなかった。キリスト者として、警察という組織で務めることに厳しさを感じることもあった。そのような中、西村さんは、主の道を歩むことにかけてみようという思いを与えられる。47歳で警察を辞め、教会付属の神学校に入学。ところが、2年間学びを続けた頃、妻の病という試練に遭う。学校を辞め、病院に通う生活が始まった。家族が苦しんでいる姿を見るのは辛かったが、教会の人々の祈りに励まされた。
妻の死を機に、56歳で生まれ故郷に帰り、一人での生活が始まる。元教団議長小島誠志牧師が牧会する久万教会に転会。教会では、週報作り、牧師の送り迎え、FEBCのための説教の録音…と役員として様々な奉仕を担う。教区総会の議員や地区の会計も引き受けている。牧師が留守の時には御言葉の奉仕を担当することもある。かつての機動隊員は、喜びに満たされて、機動的にキリストに仕える日々を送っている。

1949年生まれ。久万教会員。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友